-----greenpencil-----

進級おめでとう

2000年度 鳴和中学校 3年6組 学級通信「energeia」第1号(2000.4.5発行)

 今日から君たちは鳴和中学校の3年生です。
 えっ?担任が予想もしてなかった人物だって?フッフッフ。人生これがおもしろいのだよ。そんな予想通りのことが起これば,毎日寝て暮らすね。何が起こるか分からない,逆に言えば,何かを自分で起こさなきゃ,何も変わらない,それが世の中なのだよ。
 ということで,5日には新しい気持ちで学校に登校してきたかな?そして,今日は初めて担任と対面するということです。
 2年間通ってきた同じ校舎も,あと1年でお別れなのだ。わかってはいても今から1年後には38人はみんなそれぞれの道を歩むことになる。今年1年はそのための準備だと思ってもらいたい。
 いきなり4月の最初からなんだと思うかも知れないけれど,1年間なんてあっという間なのだ。だから,1日1日を大切にしていってもらいたいものだ。
 さて,坂根先生が君たちにどんな人になってもらいたいのか,どんな学級にしていきたいのかはこれから少しずつ話をしていくことにするが,新しい3年生の38人を担任するにあたって,次のことがまず一番に頭に浮かんだので,それらを書いておこう。
 この1年間何事にも一所懸命に取り組むこと。

 来年の3月になって,ああ,あの時もっとやっておけばよかったなんて言わないこと。言うようなことをしないこと。部活動でもそう,勉強のこともそう,生徒会活動もそう,学級の活動もそう,どんなことでも一生懸命に取り組むこと。これからは最上級生として,いろいろなことを同時にこなさなくてはならない。両立させていかなくてはならない。その時に,どっちに力を入れようかと考えるかもしれない。だけどその時にはどちらにも力を入れるように。君たちにはそれができる。
 とりあえずはこのことを言っておこう。
 すべてやるしかないのだよ。

 さて次は,夢を持て,希望を持てということだ。

 夢も希望もなければ,きっと生き生きとした生活はできないだろう。
 今の君たちは,将来何になろうとか,何をしようとか考えて,それを徐々に実現していく年代にあたる。今年1年間はそのための準備期間である。常に夢や希望を持ち,それを実現することを考えて行動していくこと。
 そのためには,今何をしたらいいのか,何が一番いいことなのかを考えて行動していくこと。
 では今度の学年集会で「もやし」の秘密をしゃべろう。
 
 なお,今年度は4月当初とても込んだ日程である。学年だよりをよく読んで研究しておくように。
 明日はたった1時間の学活で,学級役員の決定を始める。最低限,会長,副会長は決める。だから,いったい自分はどんな係になりたいのかを考えておくように。
 今日はこれにておしまい。
 明日からまたまた頑張るぞっ!

-----greenpencil-----