金沢桜百景

 

鹿島神社・鳴和の滝(かしまじんじゃ・なるわのたき)

 鳴和町

 

鹿島神社の鳥居から見る

 鳴和町にある鹿島神社はこのあたりの地名の起源となった鳴和の滝のあるところです。
 といっても,滝と呼べるようなものではなく,わき水の流れ出るところですね。
 桜はちょっと小さめの山桜がひっそりと咲いています。

鳴和の滝

 ここが鳴和の滝といわれるところ。石碑をちょっと明るめにしてみました。
 この日は曇り空で,この辺り一帯が薄暗くなっていました。
 安宅の関から逃れてきた義経らがこの滝の水をほら貝に汲んで飲み、弁慶が「鳴るは滝の水」と歌い踊ったという伝説が残り,それが鳴和の地名の由来となりました。

(2004-04-04撮影)

−−  桜の仕切り線  −−