金沢桜百景

 

八坂(はっさか)

 東兼六町

 

八坂

 この坂は兼六坂をほとんど登り切り,右に曲がろうとするところの国立病院の横から東兼六町に下る坂道です。

(1998-04-11撮影)

 長さは約50m,傾斜は約100分の12で,金沢の主な坂道の中でも最も急な坂道です。
 この坂の下り口には写真のように金沢市の「歴史の町しるべ」の標注が立っており,以下のように書かれています。
「昔,付近に木こりが通う八つの坂があったのでこの名がついた。のち,一つが残り,宝憧寺坂,伊予殿坂とも呼ばれた。」

−−  桜の仕切り線  −−