金沢桜百景

 

帰厚坂(きこうざか)

 東山1丁目

 

帰厚坂

 帰厚坂は,加賀藩主,前田慶寧が1867(慶応3)年,卯辰山を開拓したときの坂で,「藩主の厚き徳に帰する」の意味から名付けられました。

帰厚坂 帰厚坂

 この坂を上がっていけば,卯辰山公園線の途中,花菖蒲園の近くに出ます。
 また、坂の途中の陸橋は観音院へと続く道です。
 坂の上り口の右側には彫刻が一つありました。

(2005-04-16撮影)

−−  桜の仕切り線  −−

★由来等あれば記載★

−−  桜の仕切り線  −−

-->