金沢桜百景

 

柿木畠(かきのきばたけ)

 柿木畠

 

柿木畠 左は鞍月用水が流れる

 柿木畠は金沢の中心部,片町をちょっと入ったところの町です。
 写真は片町側から入り,左の囲いのところは金沢の用水の一つ,鞍月(くらつき)用水が流れているところです。

柿木畠 左は西外惣構堀が流れる

 もう少し進んでいけば,このあたりは広見。
 日本キリスト教団金沢教会の壁際に「柿木畠」の石碑があります。

柿木畠 町名の石碑

 柿木畠の石碑です。
 このあたりは寛永8年・12年の火災の教訓から,この一帯を火除け地とするため,、柿の木を植えたことが町名の由来です。
 そして,戦後旧町名が消えていたのですが,2003年10月1日に柿木畠の町名が復活しました。
 金沢では旧町名の復活を進めていますが,ここは5例目です。

柿木畠 鞍月用水

 鞍月用水を少したどれば,ここにも桜が。

柿木畠 鞍月用水沿いの彫刻

 そして,ここにはこのように彫刻が飾ってあります。

柿木畠 鞍月用水

 鞍月用水沿いの桜です。

柿木畠 先ほどの桜を逆に見る

 先ほどの桜を逆方向(下流方向)に向かって見ています。

柿木畠 柿木畠の通りのしだれ桜と金沢市役所

 柿木畠を歩けば,市役所の裏あたり。
 しだれ桜が1本,ひっそりと咲いていました。

(2005-04-16撮影)

−−  桜の仕切り線  −−