大日ヶ岳登山
大日ヶ岳 登山 頂上からの下りの報告

 2008年秋の大宮登山隊は,大日ヶ岳を目指しました。
 このページは頂上からの下りの登山報告です。
 まずは登山コースの紹介です。
大日ヶ岳登山コース
 上りは青色のコースでしたが,下りはG地点からE地点までのみ緑色の林間コースをとりました。
 以後の時刻は我々の歩いた時刻です。
いよいよ下り始める  大宮隊長の1時20分には下山開始の号令のもと,いよいよ下山します。
 これは13時18分頃。笹原の中の尾根道が見えています。
紅葉の山々  左の方に目をやれば,紅葉の山々がきれいです。
 登ってくるときには上ばかり見ていましたが,下りはまた下を見るので,違った風景が広がります。
前大日の向こうにひるがの高原  13時20分頃。
 前大日の向こうにひるがの高原が広がります。
しばらく下りると登山道の案内  13時33分頃。
 しばらく下るとこのような登山道の案内があります。
 このダイナランドのコースの途中から「大日ヶ岳東縦走路」がつながっています。
 白鳥町の前谷へと下りる道で,阿弥陀ヶ滝,村間ヶ池と表示してあります。
 前谷へはこのダイナランドのコースに比べて3倍ほどの距離があるようですから,かなりの本格的な登山道のようです。
ふり返ると大日ヶ岳の頂上と白山が見える  登山道をふり返ると大日ヶ岳と白山が見えました。
 登ってくるときには白山とは気付かずに,というよりもひたすら頂上を見ていましたので,下りの時に初めてこれが白山なんだと,しみじみと眺めたのでした。
 13時37分頃。
途中から見える白山  白山をアップで撮っています。
もっとも急だったロープのある場所を下りる  下り始めて約30分後の13時50分頃,登山道の中ではもっとも急だったロープのある場所を,今度は下ります。
 カメラをたすき掛けにして,慎重に下るのでした。
 ここのところ,ずっと晴れていたので,岩場も滑ることなく,下りられるのでした。
G地点  下り始めて約1時間の14時15分頃,G地点にたどり着きます。
 登ってきたときにゲレンデから入って来たところです。
 下りはゲレンデには出ずに,まっすぐ尾根道を行きます。
 結構急な下りに感じます。
 上りにこれを来ていたら,ちょっと疲れていたかもしれないなあと言いながら下るのでした。ゲレンデをのんびり歩いて登ってきてよかったね,という感じです。
東海北陸道の鷲見橋が見える  林間から東海北陸道が見えます。
 きっとこれが橋脚の高さが日本一と表示してあった「鷲見橋」なのではないかと思います。
 橋脚の高さは118mだそうです。
視界が開けてきて,いよいよリフト降り場のD地点に近づく  いよいよ視界が開けてきて,リフト降り場のD地点に近づいてきます。
 14時36分頃。
E地点  E地点です。いやあ,お天気のいいこと。
E地点からふり返って山頂方向。左が下ってきた道。右は上りに使ったゲレンデの道  E地点からふり返って山頂方向を見ています。
 左は今下ってきた道。
 右は上りの時に使ったゲレンデの道です。
 13時43分頃。
E地点からD地点に向かって下る急勾配  このE地点から第3リフトのD地点まではかなり急な勾配です。

途中のわき水  途中にこのような水場がありました。
 標高1300mあたりです。
 登るときにはまったく気がつかずに通りすぎたのですが,下りはまた違った視点で歩いているので,こんなことにも気がつくのでした。
いよいよからまつゲレンデまでたどり着く  いよいよ一番下のからまつゲレンデにまでたどり着きました。
 15時29分頃です。
さあ,戻ってきたぞ  そして無事車のある駐車場に到着。
 15時50分頃です。
 下りに2時間30分です。
 上りに2時間40分ですので,まあ同じくらいかけています。
 登山案内には休憩なしで上り2時間20分,下り1時間30分とありましたが,我々はまあのんびりした歩き方だったようです。
 さて,この続きは白鳥へと向かい,「美人の湯」に入って,「民宿いよじ」に1泊。いいコースですねえ。

-------------------- wood line --------------------
大日ヶ岳登山(高鷲ダイナランドコース)のもくじのページ
大日ヶ岳登山(高鷲ダイナランドコース)上りの報告
大日ヶ岳頂上からの360度の眺め
白鳥「民宿いよじ」のページ(「満腹探検隊」の中の1ページ)
「民宿いよじ」から眺める鷲ヶ岳
郡上八幡城の天守閣からの360度の眺め
板取川温泉のページ(「満腹探検隊」の中の1ページ)
ひるがの高原サービスエリアからの夕暮れの大日ヶ岳と白山
-------------------- wood line --------------------
おすすめの日本のもくじ
メール おたよりは制作者あてメールをどうぞお出しください
Prince Kochan's Productionのトップページ
-------------------- wood line --------------------
 このページおよび関連したページに掲載の地図の作成に当たっては,国土地理院長の承認を得て,同院発行の数値地図200000(地図画像),数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものです。(承認番号 平15総使,第415号)
 同様に,このページおよび関連したページに掲載の鳥瞰図,段彩図,展望図の作成に当たっては,上記の国土地理院のデータおよびカシミール3Dを使用しています。