満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:源平茶屋(げんぺいぢゃや)

分類:和食・洋食 所在地:石川県河北郡津幡町(道の駅「倶利伽羅 源平の里」内)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:日替わり定食  今回の所要経費:840円
探検隊の報告:
 今日は津幡に用事があってやって来た。
 昼ご飯は帰る途中であるが,ここ道の駅「倶利伽羅(くりから)源平の郷(げんぺいのさと)」の中にある「源平茶屋」に来たのだった。ここは国道8号線沿いにある道の駅である。倶利伽羅は倶利伽羅峠,古戦場や不動尊,倶利伽羅公園の八重桜で有名である。また,北国街道が通っていたところでもある。この道の駅も最近整備されたものである。
 今日のお品書きはというと,あっさりとお昼のサービスメニューの中から「日替わり定食」にしたのだった。今日はミックスフライである。ついでにこれには平日は飲み物がつく。で,アイスコーヒーを選択する。
日替わり定食  さて,出てきたものはというと,3種類のフライが載っている。白身魚のフライ,クリームコロッケ,それとカツである。小判型のものはコロッケかと思ったら,カツだった。カツはいずれも揚げたて。ソースをつけていただく。このほかにはサラダと,小鉢にはレンコンのきんぴら。あとは漬け物。それと味噌汁である。ご飯はお代わり自由であったが,やめておいた。温かいご飯に揚げたての揚げものでうまかった。
 昨日金沢も梅雨明け宣言が行われたのだが,今日はからりと晴れ上がり,真夏日である。止めておいた車の室内温度計は60°を超えて,針が振り切れていた。アイスコーヒーが美味しく感じる季節である。
 ところで,ここのお品書きのうちの,当店のおすすめというのは「源平弁当」(1400円)らしいが,これは写真によると天ぷら,刺身,茶わん蒸し,小鉢がついているようである。よくある和食の定番という感じである。結構いろいろなお品書きがあったようだが,「満腹探検隊」としては,お決まりの定食を注文したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
座席数
座席数:4人掛けテーブル4脚,座敷は8人掛けの座卓が4脚
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
サービスランチ(土・日・祝日は飲み物なし)は4種類
日替わり定食→840円,A 白身魚フライ+うどん→940円,B 海老フライ+うどん→940円,C お刺身+うどん→1050円
定食
源平弁当→1400円,くりから弁当→2000円,海老フライ定食→1300円,天ぷら定食→1500円,トンカツ定食→900円 など
カレーライス→円,カツ丼→900円,玉子丼→530円,牛丼→900円,親子丼→680円など
うどん,そば
かけ→420円,いなり→530円,天ぷら→850円,ざる→650円
ラーメン→550円 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集