満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:炭焼 浪漫家(すみやき ろまんや)

分類:和食・洋食 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:京都市下京区四条室町【四条烏丸店】
探検時期:2009年3月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:いろいろ注文してビール飲む  今回の所要経費:2人で5470円
探検隊の報告:
つきだし  京都の夜である。今日はこのあたりをうろうろとしていたので,晩ご飯も四条烏丸近辺で探す。そして,まあここなら安くておいしそうかなということで入ったのが,「炭焼 浪漫家」であった。
 左:本日のつきだし 300円也。
チーズかりかり  飲み物もいちいち頻繁にいうのも面倒だし,というか,結構歩いて疲れて,ぐっと一杯やりたいところなので,生ビールの大ジョッキとする。久しぶりの大ジョッキである。1杯750円也。
 お品書きの方も,いろいろとおいしそうなものが並んでいる。串焼き屋といいながら,最初はまったく串焼きを注文せず,居酒屋メニューを次々と注文する。
 左は「チーズかりかり」400円也。チーズの天ぷらってところか。
砂ずりにんにくバター とろとろチーズ明太オムレツ
 左は「砂ずりにんにくバター」500円也。目の前で自分で炒めていただく。
 右は「とろとろチーズ明太オムレツ」600円也。それにしても,どこへ行っても似たようなものを注文してしまう夫婦であった。なにしろ,好きなものということになるので,お品書きの中からは,ついつい,別の店でも食べたよなあ,なんてなものが選ばれるのだった。
串4本  さて,いよいよ串焼き屋で串焼きを注文する。単品で,好きなものが言えるので,4本注文。「手こねつくね」1本150円也。「ナンコツ」1本120円也。「はつ」1本120円也。「しそ巻き」130円也。いずれも美味い。というか,これが美味くなかったら,串焼き屋じゃないのだが。
鶏とにんにくの芽のタレ炒め  最後にもう一品ということで「鶏とにんにくの芽のタレ炒め」600円也。
 ここまでで大ジョッキは2杯目を頼んでしまっている。しかし,支払総額の4割以上が酒代である。これを安いというのか,高いというのか。どの料理よりも,大ジョッキ1杯が高い。しかし,職場の宴会なんかに行ったら,こんなもんじゃ済まないので,夫婦2人で楽しく宴会をして,5000円あまりの支払いは,心豊かになるということでいえば,安いなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:浪漫家のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集