「読んでみまっし金沢弁」によせられたおたより大特集

金沢弁 「1題目の練習しましょうね」「あーひどかったー!」
      Yukikoさんより (おたより番号:5)

(このおたよりに登場する金沢弁→〜題目,ひどい)

 こんにちは,初めまして,名古屋大学2年の町岡由紀子と申します。
 私は,実は,金沢出身のものですが,学校の情報処理センターから,インターネットでいろいろと見ていたところ,このページに辿り着きまして,楽しませていただきました。
 ここ,名古屋に来て,びっくりしたことは,言葉が通じなかったということです。
 私は,自分自身標準語をつかっていると信じていたのですが,通じないのです。
 これは,かなりのショックでした。
 多分,私の他にも自分は標準語だと思っている金沢人が沢山いるのではないかと思います。
 他にも,通じなかった言葉がいろいろあるので,紹介します。

 よく,音楽の授業中に先生が
 「では,今日は1題目の練習をしましょうね!」
 といいます。
 この,「1題目」というのがこちら(名古屋)では通じません。
 こちらでは,「1ばんめ」と言うのだそうです。

 また,長い上り坂などを必死で登って,ゼイゼイいいながら,
 「あーひどかったー!」
 とよく言いますが,この「ひどい」という言葉は,このような使い方はしないそうです。
 「ねぇ,聞いてよ!上司ったらひどいのよ!」
 と,このような使い方ならするのですが,「つかれた,しんどい」の意味で「ひどい」は使わないのだそうです。

 今,思い付くのは,この位ですが,他にもいろいろあると思います。また,思い付いたらお知らせしますね。

 今,陸上部に所属していますが,入部当初は,なかなか言っていることが分かってもらえなくて大変でした。でも,今1年たって,だいぶん私の言っている言葉が理解されるようになりました。私の言葉は,相変らず,金沢弁です。
 言葉というものは,外に出てみて,初めて違いが分かるものだと実感しています。
 周りは,名古屋弁ばかりなので,金沢の友達の声を聞いたりすると,ほっとあんしんします。
 また,楽しいホームページ作りに,頑張ってくださいね!
 では,また!

田舎の雰囲気の仕切り線

おたより 管理人あておたよりをお待ちしています