満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:カホン

分類:和食 所在地:金沢市藤江北(金石街道松村町交差点より県庁方面へ少々入ったところ)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年5月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:コース料理
今回の所要経費:3000円
探検隊の報告:
 今回は34人の会である。この店の1階をかなり我々が占めている。そんな歓送迎会なのだった。
 ここ「カホン」というのは,場所的には金石街道の大徳地区にあり,車がないとなかなかやって来るのが大変な場所である。だが,今回の会はこの近くに住む人たちが多い会なので,この場所が選ばれる。
 「島料理」と銘打ってあり,沖縄方面の海を意識した,それを中心とした料理のようである。
 しっかりと「おしながき」があったので,それを書き写しつつ,出てきた料理を紹介しよう。
「ゴーヤー豆腐」
 ほほう,「ゴーヤー豆腐」ねえ。「ごま豆腐」があるくらいだから,いろいろなもので豆腐ができるらしい。豆腐と言っても豆乳を固めたものではなく,このようにくずとかで固めても,豆腐と言うから,「なんとか豆腐」っていろいろとできそうだ。
「恩納村直送もずくのサラダ」
 「恩納村」は「おんなそん」と読みます。知らなかったねえ。いや,聞いたことはあるかもしれないけど,漢字で書きなさいと言われると書けないね。「女損」,いやいや「男得」。沖縄屈指のリゾート地らしい。
「鶏肉のカポナータ煮」
 「シチリアのカポナータ」とは揚げナスの甘酢煮らしい。知らなかったねえ。イタリア全土で有名な料理らしい。今こうやって書いていても,次回この料理に出くわしたら,すっかり忘れているね。しかも,この「おしながき」がなかったら,はてこれは何だったのだろうと思ってたね。
「沖縄直送ゴーヤーチャンプルー」
 「ゴーヤーチャンプルー」もいつの間にかあちこちで出てくるし,沖縄料理としても日本で定着したものだねえ。自分も「ゴーヤ」をもらったら,「ゴーヤーチャンプルー」以外はほぼ作らないような気がする。いや,豚肉がなくても,野菜炒めに入れて,最後に玉子を入れてるね。自分の味付けはニンニク醤油。
「ガンドのグリル レモンクリームソース」
 「ガンド」とは「ブリ」である。出世魚。金沢では「コゾクラ」→「フクラギ」→「ガンド」→「ブリ」って感じかなあ。
「筍ご飯」
 そして旬の筍の筍ご飯。いや,旬はちょっと過ぎたか。今年は筍の当たり年。今年はたくさんもらってたくさん食べた。大皿で「筍ご飯」が出てきて,それをよそった状態。
「お好きなブルーシールアイス」
 デザートである。「ブルーシールアイス」って何なの?と思ったが,これが沖縄のアイスクリームらしい。
ブルーシールアイス(外部リンク))
 知らなかったねえ。「オリオンビール」なら忘れはしないけれど,「ブルーシールアイス」は忘れてしまいそうだねえ。でも,デザートにまで沖縄にこだわるのがこの店なのだね。
 自分は適当に選択したのだが,この写真,この会の会員が「はいこれよ。」と差し出してくれたもの。
 ということで,なかなか来る機会がないような場所での宴会で,面白かったのだった。
−−−海老フライの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:「カホン」のウェブサイト(外部リンク)
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集