満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:カサ デ リブ(casa de live)

分類:洋食(スペイン料理) 所在地:金沢市柿木畠(金沢市役所裏あたり)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年6月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:その場でいろいろ頼む  今回の所要経費:4人で12600円
探検隊の報告:
 「もっきりや」でのライブのあと,ここに来た。缶ビール2本とピザだったので,いよいよここで腹ごしらえである。
 スペイン地中海料理と頭に着くように,ここはパエリア(この店ではパエリャという表記)と地中海料理で有名らしい。有名らしいというのは,つまり人がそう言うからであって,いつも思うのだが有名の定義なんていい加減なものである。人は言葉でなくてはものごとの意味を伝えられないから,そして,人によって言語環境がまったく違うから,言葉というのは曖昧にならざるを得ない。
グロールシュ ビール  まずは「世界のビール党にNo.1ビールとして支持されている」とかいう「グロールシュ」というビールを注文する。本当にNo.1かは知らないが,宣伝文句なのでよしとしよう。しかし,地中海料理といいながら,なぜオランダのビールなのかは謎である。まあ,料理が地中海なので,ビールは北海でもよしとしよう。
 しかし,このビールはドイツのビール純粋令に基づき,麦芽100%で作っているとある。ドイツはビールにこだわっているが,これは素晴らしいと思う。日本はいつまでたっても日本酒純粋令なんて作りそうもない。相変わらず混ぜものだらけの日本酒が横行している。米だけで作った酒しか「日本酒」とは呼ばないなんてことは,日本ではならないだろう。ましてや,発泡酒などという,偽のビール味の飲み物を作らせるような税制で,国民に「安かろう,悪かろう」という商品を奨励するような政府では「日本酒純粋令」などというものは期待できないだろう。と,オランダビール1本で思うのだった。
トマトサラダ 何とかオムレツ  さて,早く出てくるものとして「トマトサラダ」,それに「オムレツ」(詳細な名称は不明,というより,忘れてるだけ)を注文する。
パエリア  そして,ご所望の「パエリア」がくる。(これも数々あるパエリアのうちの,何というパエリアだったのかは今となっては不明)
 しかし,同席のケイ氏によると,これっていまいちじゃないの?ということだった。なにしろ彼は自分でパエリアを作るし,得意料理なのである。確かにサフランライスらしき黄色い色ではない。どちらかというと,トマトソースっぽい。まあ,味は悪くないのだが,かなり水分が多かったのだった。
 さて,最初のビール「グロールシュ」もちょっと味が軽いのではないかという,味にうるさいケイ氏がスペインのビールを注文する。もう名前は忘れてしまったが,2種類あったビールの軽めと重め(?)をそれぞれ注文したのだった。
イカ 何だったかのスープ  おまけにイカ好きのエム氏がイカの何か知らないがトマトソース炒めを注文する。あとはマッシュルームの生ハム炒めである。ちなみに写真の左はイカの炒めもの,右はなんだったか忘れたけど,スープ。
 ここでは,これまでにない料理を食べた。これが地中海料理というのであろうか。
 しかし,この店の名「カサデリブ」とはどういう意味なのか?スペイン語らしいのだが,辞書で調べてみても「casa(カサ)」は「家」,「de(デ)」は英語で言えば「of」つまり「〜の」ということ,しかし「live(リブ)」はスペイン語の辞書に出ていない。英語では「生きている」といったような意味だが,だから「カサデリブ」とは「命の家」といった意味なのだろうか。「La Cocina Espanola Casa de Live Kanazawa」ともらってきた名刺にはあったが,謎であった。
 まあ,それはいいとして,今日の面々は,相変わらずあれやこれやと話は尽きないのであった。そしてついに,オーダーストップの時間ですがといわれて,時間に気がつくのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
営業時間
営業時間:17:00〜24:00(日祝日は14:00から営業)
定休日
定休日:月曜日(祝日除く)
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集