満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:博多中洲 ぢどり屋(はかたなかす ぢどりや)

分類:和食(焼き鳥) 所在地:あちこちにありますが,金沢にはこの1店だけです。探検場所は【金沢片町店】(国道の一本裏で,片町ラブロ裏)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2008年12月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:2品とビール  今回の所要経費:はて,いくら出したのやら
探検隊の報告:
 宴会も4次会くらいであろう。
炙り  いよいよ帰ろうかな,と思ったら,先頭を歩くエフ女史が,「ここの鶏って美味いんですよ。」なんて言うので,入ることとする。
 若者はアルコール処理能力も,胃袋の容量も違うらしい。まあそれはそうだ。自分も若い頃は,よく無茶をしたものだが,おじさんともなると,いよいよ体力の限界である。
 さて,ここは博多中州とあるように,九州が本店らしい。
 お品書きのおすすめの中からまずは「博多中州秘伝炙り焼き」とやらを注文する。1000円也。七輪で焼くらしく,かなり炭火で炙られた香ばしい香りがついている。そしてもちろん,酔っぱらいでありながら,ビールを注文する。
もも鉄板焼き  もう1品は「博多中州秘伝もも鉄板焼き」1000円也。これは目の前のロースターで自分で焼く。目の前で自分で焼くとなると,愛想らしいものであり,ちまちまと焼け具合を眺めつつ,またもやおしゃべりに花を咲かせる。
 エフ女史は元気にビールであるが,もう一人はいよいよお腹が空いたらしい。鶏雑炊を注文してもいいかと言うので,何でも好きに注文すればよいと言う。
 自分も若い頃は,いろいろとわがまま言って,先輩におごってもらったものだ。「財布にまったく金がないんですけど。」と言っても,「そんなことは気にするな,ただついてくればいい。」なんて言われたものである。
 いよいよ自分にそんな役回りが回ってくる。おじさんになったなあ。
鶏雑炊  せっかくなので,その鶏雑炊を撮影させてもらう。酔っぱらっても一応満腹探検隊だけはやっているのである。
 とは言え,一体いくら払ったのかはまったく覚えていないのであるが……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:博多中州ぢどり屋のウェブサイト(外部リンク)
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集