満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:越前そばの里・そば処 越前屋(えちぜんや)

分類:和食(麺類) 所在地:福井県越前市真柄町(北陸自動車道武生インターチェンジから10分弱)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ふくいセット+極上おろしそば+焼き鯖寿司  今回の所要経費:1000円+750円+???円
探検隊の報告:
 金沢から愛知へと向かった。その途中である。前日からの雪だが,特にこの日は荒れ模様。北陸自動車道が武生と木之本間で通行止めとなる。やむなく武生で降りたのがすでに12時近い。通常ならすでに米原あたりに着いている頃だが,そもそも50キロ制限である。12時近いし,このあと国道8号線を走ることになるので,その前にとにかくお昼をすませようと,北陸道からもちらっと見ることのできるここ「越前そばの里」に来たのだった。
 ここは製麺会社「武生製麺」の工場と,それに併設された物品販売の店,そしてそばを中心とする飲食店の「そば処 越前屋」が一体となった施設である。この「そば処 越前屋」へとやって来たのだった。
 ちなみに座った席はいろりをぐるりと取り囲む席。その様子を撮ってみた。
 さて,何を注文するかだが,もちろん福井名物の「おろしそば」は食べたい。しかし,結構いろいろな種類のそばがある。自分はお腹も空いたことだしと,福井名物の「おろしそば」と「ソースカツ丼」の二つをセットにした「ふくいセット」とした。連れあいは「おろしそば」だけにすることにしたが,いろいろある。それで聞いてみると,そば粉の割合が違うらしい。「極上おろしそば」は8割そば粉が入っているとのこと。「ふくいセット」の「おろしそば」では3割らしい。どうせなら食べ比べをしてみようと,「極上おろしそば」にしたのだった。
 ちなみに,食べ比べた結果は,その違いがよくわからない。そばだけをじっくり味わうとまた違ったのかも知れないが,普通につるつるっとおろしそばとして食べると,あまりその違いがわからないのだった。つまり,通常の「おろしそば」でも充分いけるってことである。
 「ソースカツ丼」の方はカツ2切れ,ごはんは少量。甘めのソースで,いかにも福井名物「ソースカツ丼」って感じ。1切れ目のカツに少々筋があって,おじさんはかみ切れない。しかし,美味しくいただけた。
 しかし,これだけでは満腹にはならず,売店で見かけた「焼き鯖寿司」を追加で買ってくる。ここでは売店で買ったものも食べていいらしく,追加である。鯖寿司は大好きなのであるが,この焼き鯖寿司も実に美味い。6切れあったが,連れあいと共に2切れずつ食べ,残り2切れはお土産としたのだった。
 それにしてもこの日の天気は荒れ模様。国道8号線は敦賀に着くまでに,30分間も立ち往生の状態。敦賀に着いた頃には,敦賀以南は通行止めが解除になっていたので,とにかく高速にのったが,高速も猛吹雪。5m先も見えないような状態で,時速50キロどころか,30キロ以下じゃないと走れないような状態だった。いつもなら金沢から名古屋まで3時間半もあれば着くところを,倍の7時間以上もかかったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:そば処 越前屋(武生製麺)のウェブサイト
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
ふくいセット(おろしそば・ソースカツ丼・味噌汁・漬物)→1000円
たけふセット(おろしそば・てんぷら・焼き鯖寿司・そば豆腐)→1000円
天丼セット(おろしそば・天丼・味噌汁・漬物)→1000円
海鮮丼セット(石臼挽きおろしそば・海鮮丼・味噌汁・漬物)→1500円
おにぎりセット(おろしそば・おにぎり・味噌汁)→820円
天ぷらセット(おろしそば・天ぷら盛り合わせ)→820円
ざるそばセット(ざるそば・天ぷら盛り合わせ)→820円
そばとろ飯セット(おろしそば・とろろ飯・漬物)→820円
梅おろしそば(梅おろしそば・おにぎり・油あげ)→850円
そば単品
極上おろしそば→750円,おろしそば,ざるそば→各570円,石臼挽きおろしそば→620円,とろろそば→720円,大海老天おろし→770円
温かい麺
鍋焼きうどん→980円,北陸屋台ラーメン→620円,きつねうどん(そば)→700円,大海老天ぷらそば(うどん)→770円,にしんそば→720円,
ご飯もの
おにぎり→300円,焼き鯖寿司→350円,ソースカツ丼,天丼→各470円,和風カツカレー→670円など −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2015年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おろしそばとソースかつ丼のセット+ニジマス塩焼き+サザエ壺焼き  今回の所要経費:885円+200円+100円
探検隊の報告:
 金沢から愛知へと向かった。その途中である。今回は夏。しかもお盆の帰省ラッシュとぶつかるようなときに上り線を利用する。高速は武生インターチェンジからのるのだが,その前に腹ごしらえをしようとここ「越前そばの里」へとやって来たのだった。この先,高速の「南条サービスエリア」でお昼ご飯でもいいのだが,きっと混んでいるだろうと,高速を利用する前にご飯を食べることにしたのだった。ちなみに予想通り「南条サービスエリア」は混雑状態である。高速道路上まで車列はなかったものの,駐車場を利用するために結構な車列ができていた。なので「南条サービスエリア」は走行しながら眺めるだけで通り過ぎたのだった。
 さて,この「越前そばの里」に近付いて見るとアドバルーンが上がっている。そしてこのお盆期間,イベントを開催していたのだった。「越前そばの里」の前に特設の会場が設けられ,いろいろなものを作って売っているのだった。
 ということで,ビールの権利は本日は連れ合いに譲り,そこではおつまみになるようなものもあったので,それも購入。岩魚ではなく珍しいニジマスの塩焼きがある。これが200円。サザエの壺焼きが1個100円。小ぶりだが,100円ならばよしとしよう。
 これ以外にも焼きそばやら,お好み焼き,餃子,焼き鳥などもあったが,そんなものは食べずにもちろん「おろしそば」である。おろしそば単品615円,ソースかつ丼単品345円ということであったが,セットもので885円とお得である。ということで,福井名物を2ついただいたのだった。店の中の食堂の「越前屋」もいいのだが,こうやって外で適当に風に吹かれて食べるのもいいものである。しかも食べたいおろしそばとソースかつ丼だけを食べることができたので満足であった。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集