満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:江戸そば

分類:和食(麺類) 所在地:あちこちにあるらしいのですが,探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:東京都品川区大井町【大井町店】(東急大井町線ガード下)
探検時期:2008年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ちくわ天そば  今回の所要経費:350円
探検隊の報告:
 東京は品川に用事があってやって来た。
 ホテルを朝出て,朝ご飯はまだである。朝は軽くそばでもと思っていたのであるが,京浜東北線に乗り,窓から外を眺めていると,品川駅のホームに立ち食いそば屋がある。東京でも(と言うのも変だが)ホームにこんなものがあるのかと思ったが,電車の目的地は大井町であり,ほほうと思ううちに電車は通り過ぎる。着いた大井町駅のホームには何もない。それで電車を降りて,東急大井町線沿いに東に歩くと,ガード下にそば屋を発見する。それがここ「江戸そば」である。
 昨日は東京駅で「大江戸そば」だったが,今日は大井町で「江戸そば」かと苦笑しつつもここに入ることとする。
 この店は24時間営業である。入口に券売機があり,カウンターに持っていく。セルフサービスの店である。
ちくわ天そば  今回注文したのは,「ちくわ天そば」(温)である。
 やはりかけそばじゃ寂しいし,かと言って天ぷらそばじゃありふれているので,ふと目についたこの「ちくわ天そば」としたのだった。揚げものは自家製とあるが,自家製じゃないそば屋もあるのだろうか。
 さて,そばの方はこれまた昨日の「大江戸そば」と同じで,出汁が濃いめである。色も濃いめで味も濃いめ。やはりこれが「江戸」の味付けであろうか。ちくわ天の方は少々冷めているが,仕方あるまい。丸ごと1本のちくわの天ぷらをかじりつつ,そばをいただいたのだった。
 何回かやって来ると,いろいろなお品書きを試してみようと思うだろうが,初めて行って,これぞと言う注文はなかなか難しいのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
座席数
座席数:カウンター席のみで17から18席はあっただろうか。
お品書き
このときのお品書きいろいろ:(いずれもうどん,そばは同じ値段)
かけ・もり→250円,玉子→310円,きつね,たぬき,わかめ→340円,かき揚げ,ごぼう天,春菊天,玉ねぎ天,ちくわ天,山菜,とろろ,コロッケ→350円,いか天→370円,カレー,肉→400円,天玉,えび天→420円
そのほかのお品書き:ラーメン→400円,ミニ牛丼,ミニカレー,ミニそぼろ丼→210円,ミニ天丼→320円,牛丼,カレーライス→400円,天丼→510円など,このほかにも定食や丼のセットなどもあり −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集