満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:らーめん酒家 驛麺(らーめんしゅか えきめん)

分類:洋食 所在地:京都市下京区東塩小路高倉町(京都駅アスティ京都内 八条口近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年1月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:いろいろ食べてビール飲む  今回の所要経費:5080円
探検隊の報告:
 京都での最後の食事である。
 京都全日空ホテルへのシャトルバスは,京都駅の八条口から出ていたので,何回かこの八条口近辺を移動したのだが,朝見かけて,まあ最後はラーメンでも食べて電車に乗るか,と言って入ったのがここ「らーめん酒家 驛麺」だった。
 しかし,ラーメン屋に入りながら,結局はまったくラーメンを食べずに出たのだった。なにしろ店の名に「酒家」とあるように,ここはお酒にも力を入れているようである。
串カツ+餃子  ラーメンと生ビールなどと考えていたが,まずはお得なセットがある。そこから方針が転換されてしまったのだった。
 一つは「餃子セット」(700円)。生ビールと枝豆と餃子である。単品の生ビールが480円,餃子が400円,枝豆が200円なのだから,通常合計1080円が700円となるお得なセットである。
 もう一つが「串カツセット」(780円)。これまた生ビールと串カツと枝豆である。串カツも400円なのだから,お得である。

ゴボウチップス+チャンジャ  ということで,あとはいろいろとおいしそうなおつまみを注文する。
 すでに午後6時を回っているのだが,入ってくるお客はまずみんなラーメンを注文する。一人で入ってくる女性も多い。しかし,我々のように結構ねばってビールを飲む客はちょっと少ない。
 だが,電車の時刻までまだ間があり,いろいろと注文したのだった。
 ゴボウチップス(350円)美味かった。ゴボウの素揚げって感じだが,ゴボウの香りがよい。それとチャンジャ(350円)。一体何だったか忘れて,でもおつまみにいいだろうと注文。結局女の子に「チャンジャって何?」と聞いて,いわゆる鱈の塩辛ということが判明して,そうだったような気がするとか言いながらビールが進む。
牛すじ+キムチ  あとは牛すじの味噌煮込み(480円)。キムチ三点盛り(300円)。日本中国韓国の三国取り合わせである。
 終いには結構お腹がふくれてきて,ビールをやめて焼酎にしたのだった。焼酎も結構取りそろえてあるようである。
 しかし,売り切れの銘柄も多く,結局何を注文したのかは忘れたのだが,芋焼酎をストレートで飲む。
もやしチャーシュー  最後の注文したこの「モヤシとチャーシューのザーサイ和え」(300円)も美味かった。生のモヤシのシャキシャキ感にチャーチューがあっている。
 結局30分以上もここにいたのだった。しかも,京都で食事した中で,1回に支払った額が一番高かったのはこの店なのだった……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:駅麺通りのウェブサイト(外部リンク)
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集