満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ヨーロッパ軒

分類:洋食 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県敦賀市【敦賀駅前店】
探検時期:2005年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:820円
探検隊の報告:
 ヨーロッパ軒といえばこれ!というのがここの「ソースカツ丼」。
 私の住む金沢から,京都府は野田川町(いまは市町村合併で与謝野町)まで,夏休みの墓参りに行くときに,高速道路のないころは国道8号線をひた走り,お昼時にたどり着くのがこの敦賀。
 小さいころ,そこで食べた「ソースカツ丼」のその新鮮さと,うまさといったら格別だった。カツ丼というのは卵でとじたものと思っていたから。今でも同じ,懐かしの陶器のどんぶりに,薄めのカツが3枚,それにからまる甘めのウースターソース。ひとまず2枚のカツをどんぶりのふたの上に置き,1枚で食べ始める熱々のごはん。「はふっ,はふっ」と言いながら,熱いけれども,やめられない止まらない,ソース味。最後はどんぶりの底に残ったごはんを,カツを利用して寄せ集めて,ごはん粒一つ残さず食べる。
 これがヨーロッパ軒のカツ丼である。
ヨーロッパ軒のソースカツ丼  ここヨーロッパ軒にはいろいろなお品書きはあるけれど,これしか食べない,「ソースカツ丼」なのだった。
 今ではいろいろなところでソースカツ丼を見かけるけれど,揚げたてのカツであるとか,衣のパン粉が細かいとか,ソースが独特で工夫されたものであって,おいしいとかってことで,やはりここが一番うまいでしょう。
 この写真は敦賀駅前店。久しぶりに高速道路を敦賀で下りる機会があり,立ち寄ったのがヨーロッパ軒。
 ヨーロッパ軒は福井県のあちこちに支店がある。本店は福井市。どこで食べてもおいしいし,やはりこの「ソースカツ丼」を注文して食べてみなくちゃなりません。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県敦賀市【敦賀駅前店】
探検時期:2006年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:今回ビールも飲んでるんでねえ,合計はいくらなんでしょ?
探検隊の報告:
 今回は,正しい「ソースカツ丼」の食べ方を伝授いたしましょう。
ソースカツ丼  まず,このように「ソースカツ丼」が届きます。
 すでにのせられたカツで,どんぶりのふたは少々持ち上がり,早く食べてちょうだいと言っているかのような状態であります。
ソースカツ丼  ふたを開けるとこんな感じです。
 カツが3枚,折り重なるようにしてのっている。
 さて,3枚のカツのうちの2枚をそのどんぶりのふたに置きます。
 このとき,3枚のうち,どの2枚を置くかで,その人の性格がでます。
ソースカツ丼  単に上から2枚を選んで,順に置く人。
 あなたは素直です。
 3枚の大きさを検分して,小さい方をふたに置く人。
 あなたは,このソースカツ丼に驚き,食べきれないかもしれない,しかし,カツだけは全部食べるぞとの意気込みに満ちた人です。
 3枚の大きさを検分して,大きい方をふたに置く人。
 あなたはとりあえずごはんをしっかり食べよう,そしてもしもカツが残ったらそれはお持ち帰りしようと考える人です。
 というような性格の違いがあるのかどうかは,わかりません……いずれにせよ,おいしくいただきましょう。
 カツでどんぶりの底に着いたごはん粒もすべて集めて食べましょう。これがお百姓さんに対する礼儀ってもんです。
ソースカツ丼  そして,食べ終わるとこのように,「敦賀 ヨーロッパ軒」の文字がどんぶりの底から浮き上がります。
 ちゃんと合掌して「ごちそうさまでした。」と言いましょう。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県敦賀市【敦賀ヨーロッパ軒本店】
探検時期:2010年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
やかん  久しぶりの「ヨーロッパ軒」である。金沢から京都は丹後半島へと墓参りに向かう途中である。今回は10時ちょっと前に金沢を出たので,敦賀に着いたのが11時半頃。ちょうどよいお昼時である。
 今回やってきたのは「敦賀ヨーロッパ軒」の本店である。いつもは敦賀では駅前店に来るのだが,駅前店の場所を忘れていて,何とかたどり着いたのが,ここ本店であった。
 ということで,注文するものは毎度おなじみ「ソースカツ丼」だから,とりたてて報告はないのであるが,やはりこのお茶のやかんはどのヨーロッパ軒でも出てくるおなじみのものである。ポットなんかで出てこないところがヨーロッパ軒らしい。ヨーロッパ軒に来たって感じがするのだった。
ソースカツ丼  さて,カツ丼の写真を一応載せておいて,今回はそこにあった「トピックス敦賀」というポスターをチェックしてきたので,その中の「ソースカツ丼っていつからあるの?」を書き写しておこう。

「全国的にはカツ丼といえば卵とじが一般的ですが,歴史をみるとソースカツ丼の方が歴史は古いのです。大正2年(1913),東京で開かれた料理発表会でソースカツ丼料理を披露したのは「ヨーロッパ軒」の創業者,高畠増太郎氏です。高畠氏はドイツ・ベルリンの日本人倶楽部で6年の料理留学を終え,明治45年(1912)に帰国。大正2年,東京早稲田鶴巻町で「ヨーロッパ軒」を創業。その名物料理がソースカツ丼だったのです。本場のウスターソースを日本へ持ち帰り,アレンジしたのが始まりで,全国的にもお馴染みの”卵とじ”カツ丼が考案されるよりも8年早かったと言います。東京で店を開いたものの,関東大震災に遭い,郷里である福井に帰り再出発。ソースカツ丼が東京から日本中に広まりませんでしたが,福井では「ハイカラな西洋料理」として人気を博し,庶民の味として親しまれてきました。」とあった。
ソースカツ丼  また,「どんぶりの分布」として,「ソースカツ丼→福井,豚丼→北海道,ドミ丼(ドミグラスソース)→岡山県,しょうゆ丼→新潟県,みそかつ丼→愛知県,ソースカツ丼の下にキャベツ→岩手県,山梨県,長野県」とあった。日本全国にはその土地土地の独特のどんぶりがあるようで,単にソースのかかったカツのみの「ソースカツ丼」は福井の特色のようである。
 これが,今回の「満腹探検隊」の報告である。
−−−カツ丼の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
 ほかにもいろいろあって,写真のテーブルにもメニューが何か写っているけど,ソースカツ丼以外は興味がないので,あとはお店に行って確かめてください。あしからず。
 ヨーロッパ軒のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県福井市【木田分店】
探検時期:2012年1月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
ソースカツ丼  正月三が日も最終日である。福井から金沢へと帰る。その時に久しぶりに立ち寄ったのがここ「ヨーロッパ軒」である。しかも,久しぶりに木田分店へと立ち寄った。
 まだ正月三が日だから,営業していないかと思ったが,営業しており,大盛況である。入ると立ったままでしばらく待たされる。数分後にテーブルに案内される。そうして注文は「カツ丼」である。だが,混んでいて,基本の「カツ丼」なのだが,結構時間がかかるのであった。
 久しぶりだが美味かった。連れあいからご飯を分けてもらい,大盛りである。おまけに連れあいが運転するので,ビールもいただく。いい正月だねえ。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県福井市【豊島分店】
探検時期:2012年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:850円
探検隊の報告:
ソースカツ丼  福井へとやって来た。久しぶりに「ヨーロッパ軒」の「ソースカツ丼」を食べようということでやって来たのは福井駅にほど近い豊島分店である。昔何回かここに来たが、久しぶりにここへと来たのだった。
 店に着くと、駐車場は満杯である。で,仕方なくお隣の公園の駐車場へと止める。どうもこの公園の駐車場のかなりの台数は「ヨーロッパ軒」のお客のようである。なにしろ,店に入ると順番待ちで,座ることもできない。しかし,畳の小上がりの席がもう少しで空きそうなので,入り口近くで立って待つ。
ソースカツ丼  さて,注文したのはもちろん「ソースカツ丼」である。代わり映えはしない。まあ,この豊島分店は陶器の器ではなくて,漆器の器であるところが特徴である。ということで,美味しくいただいたのだった。
 ちなみに,ここにはソースカツ丼の由来と,福井県内のヨーロッパ軒の所在地の一覧が載ったパンフレットがあった。その内容は前に紹介したとおりであるので,特に紹介はしないが,今後のために,所在地一覧があるのでパンフレットはいただいてきたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県福井市【豊島分店】
探検時期:2015年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:880円
探検隊の報告:
ソースカツ丼 ソースカツ丼  福井から金沢への帰りである。ちょうどお昼時になり,やはり福井だから「ソースかつ丼」を食べて帰ろうということになる。
 今回立ち寄ったのは前回に引き続き「豊島分店」である。やはり駐車場は一杯なので,お向かいの運動公園の駐車場に停める。席は空いておりすぐに座れた。そしてお決まりの「ソースカツ丼」である。これを食べると福井だなあという気分のヨーロッパ軒の「ソースカツ丼」なのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:福井県鯖江市【神明分店】(西縦貫線沿い)
探検時期:2015年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ソースカツ丼  今回の所要経費:880円
探検隊の報告:
ソースカツ丼  久しぶりの「ヨーロッパ軒」そして久しぶりの「ソースカツ丼」である。
 今回は初めて鯖江市にある神明分店にやって来た。そして頼むのはもちろん「カツ丼」である。ここで「カツ丼」といえばもちろん「ソースカツ丼」しかない。福井へやって来て,久しぶりにこの「ヨーロッパ軒」の「ソースカツ丼」が食べたくてやって来たのだった。
 さて,1時を回り,お昼を結構すぎているのにまだまだ混んでいる。この店は名前を書いたりするのではなく,ただひたすら行列である。自分の前には2人連れと4人連れのお客がいて,しばし立ったまま待つこととなる。その間に連れ合いが近所に買い物に行く。ここは西縦貫線沿いにあり,このあたりにはいろいろな店がたくさんあるのだった。
ソースカツ丼  ということで,こちら「ソースカツ丼」。
 店によって丼の模様が微妙にちがうようだ。豊島分店に至っては陶器ではなく漆器だったが,ここは伝統の陶器の丼。
 いやはやしっかりといただいたが,美味しいのなんのって。カツ一枚でごはんを半分くらい食べてしまった。
 あとはゆっくりとカツを味わいながらいただく。
 ついでながらお持ち帰りにカツを揚げてもらったが1枚が260円だった。家で留守番をしている者に買って帰ったのだった。
 それにしても久しぶりだったが,満足したね。
−−−カツ丼の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
当店名物
カツ丼→880円,ガッツ丼(味噌汁付き)→930円,カツ丼大(ライス大盛り)→980円,カツ丼上(カツ4枚入り)→1130円,ミックスカツ丼(エビ・カツ)→980円,エビフライ丼→1080円,パリ丼(ミンチカツ)→880円,ビーフカツ丼→1230円,小カツ丼→720円
各種定食(ミニサラダ,味噌汁,漬物付き)
カツ丼定食→1080円,ミックスカツ丼定食→1180円,エビフライ丼定食→1280円,しょうが焼き定食→1080円,ベビーカツ定食→1080円,パリ丼定食→1080円
オリジナルランチ
Sランチ(エビ・ポークステーキ・オムレツ・ハム)→1880円,Aランチ(ハンバーグ・オムレツ・ポークカツ・ロースハム)→1380円,Bランチ(ハンバーグ・ハム・切りカツ2枚)→1030円
オリジナル
オムライス→780円,サラダ付きオムライス→880円,焼きめし→730円,オムレツ→780円,エビフライ→1080円
ヘルシーサラダ
ミックスサラダ→680円,ミニサラダ→300円,ハムサラダ→780円
ポーク
ポークカツレツ→1030円,ポークカツレツ(W)→1600円,ポークステーキ→1080円,ポークステーキ(W)→1730円,ミンチコロッケ→880円,ミンチカツレツ→880円,ポークしょうが焼き→930円
ハンバーグ
オリジナルハンバーグ→980円,チーズハンバーグ→1030円,和風ハンバーグ→980円,アメリカンハンバーグ→1030円
そのほか味噌汁,ライス,飲み物いろいろ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集