満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:源八(げんぱち)

分類:和食(麺類) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市片町【片町店】(金劇パシオンビル近く)
探検時期:2011年5月  今回の探検目的:夜食
今回のお品書き:ざるそば  今回の所要経費:600円
探検隊の報告:
 久しぶりにここ「源八」へと来た。宴会の締めである。1次会は「鳥珍や」で20人弱はいたのだが,2次会で適当にグループができてバラバラになり,4人でバーに行く。そして,そのあとまた別れて,2人連れでやって来たのがその片町の裏通りのバーから近いここ「源八」である。2人でカウンターに座る。
 今を去ること20年ほど前の職場では宴会の締めに頻繁にここに来た。そして注文するものは決まって「大ざる」つまりざるそばの大盛りである。
ざるそば  今回はほんとに久しぶりやって来た。もう,15年ぶりくらいである。
 で,店の造りは変わってない。そして,ざるそばが美味いのも変わってない。そして,おやじでにぎわっているのも変わっていない。当時は何じゃこれは,おやじの巣窟!と思ったが,今自分がおやじであり,おやじの巣窟づくりの一役を担っている。もちろん女性客もいるし,女性も気軽に入れるのだが,比率は断然男が多い。そういえば今を去ること20年前の宴会では,締めの一歩手前ではよく喫茶店に行った。女性も当然一緒で,ケーキなんぞを注文していた。カラオケなんてものもまだない時代だった。で,さらに締めに何か食べたい男性軍はそばだった。最近はラーメン屋が増えていて,締めにラーメンという方が多いのだが,当時は締めにつるつるっとそばだったなあ。しかもここ「源八」へ来てまでビールを飲んでいたなあ。
 なんて語るのがやっぱりおやじか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き このときのお品書きいろいろ:
(うどん,そばは同一価格)かけ→500円,月見,いなり,わかめ,ざる,カレー→各600円,牛肉,にしん,月見とろろ,天ぷら,冷おろし,月見とろろざる→各800円,天ざる→1000円
玉子丼→500円,カツ丼,天とじ丼→800円など −−−お箸の仕切り線−−− 所在地:金沢市片町【片町店】(金劇パシオンビル近く)
探検時期:2011年10月  今回の探検目的:夜食
今回のお品書き:自分はざるそば  今回の所要経費:3人分支払って2100円だったような
探検隊の報告:
ざるそば  宴会の3次会である。3人でやって来た。
 昔なら3次会くらいでは酔っぱらわなかったのに,などと強がり言ってみても仕方のない,いい年のおじさんである。なので,酔っぱらって蕎麦屋である。疲れていたせいか?いや,単に飲み過ぎ。
 ざるそばの出汁にワサビを入れすぎてむせ,食べ終えたらあまりの眠さに壁に寄っかかって眠り,あとは2人に会話は任せておく。そんな3次会であった。
 で,確かお勘定だけは3人分払ったはず。なにしろ,その金額だけをおぼろげに覚えているのであった。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集