満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:道の駅「半布里の郷(はにゅうりのさと) とみか」

分類:和食・洋食 所在地:岐阜県加茂郡富加町羽生(国道418号線沿い)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:豚味噌焼重+美濃ヘルシーポークとお豆のドリア  今回の所要経費:980円+880円
探検隊の報告:
 道の駅巡りである。先ほどは東海環状道をおりて,「道の駅 日本昭和村」に立ち寄った。そして,本日2つめはここ「半布里(はにゅうり)の郷 とみか」である。かなり新しい。きれいな建物である。「とみか」というと,ついミニカーを連想するのだが,世の中には「富加」という町があるのだなあと感心する。
へぼ飯 へぼ飯  名産品などを並べてあるところを歩くと「へぼ飯」というものが置いてある。この「へぼ飯」については「珍味 美濃の国 半布里の里 名産」とある。近付いて見ると,「へぼ(蜂の子)とはクロスズメバチの幼虫のことで,昔から貴重なタンパク源として重宝されています。」と書いてある。ところ変われば品変わるというやつで,蜂の子の炊き込みごはんらしい。長野で蜂の子を食べるということは聞いたことがあるが,岐阜のこのあたりでも蜂の子を食する習慣があるらしい。
豚味噌焼重 (左上:「豚味噌焼重」出てきたところ。左下:「豚味噌焼重」ふたを開けたところ)
 さて,先ほどの「道の駅 日本昭和村」では軽くラーメンを食べただけだったので,ここでは引き続き名産とやらの美濃ヘルシーポークのお品書きの中から選ぶ。一つは「豚味噌焼重」(980円也)。「美濃ヘルシーポークを西京味噌漬けにしたほのかな味噌風味」とある。
豚味噌焼重  この「半布里」とは何かと思えば,富加町のウェブサイトの説明によると,「今から約1300年前の大宝二年(702年)に作られた戸籍で,奈良正倉院にひっそりと残されていた現存する最古の戸籍です。」とある。「半布里(はにゅうり)とは現在の富加町にあたるとされており,町内に残る羽生(はにゅう)という地名が,その名残であると考えられています。」ということらしい。つまりはこのあたりの古名ということである。
お豆のドリア  もう一品は「美濃ヘルシーポークとお豆のドリア」とする。大人3人,子ども3人なのだが,この二品のみである。店内の席にはゆとりがあり,ゆったりとテーブル席に案内してくれる。
 「豚味噌焼重」は味噌味が程よく,なかなか美味しい。「美濃ヘルシーポークとお豆のドリア」もなかなかいい味であった。
 明るい日差しの中,なかなか美味しい豚肉料理をいただいたのだった。
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:「半布里の郷(はにゅうりのさと) とみか」のウェブサイト(外部リンク)
−−−赤い車の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
豚味噌焼重(サラダ・漬物・味噌汁付 ロース,ヒレから選択。)→980円
重まぶし(サラダ・小鉢・漬物・味噌汁付)→1280円
とんかつ定食(小鉢・御飯・味噌汁・漬物付 ソースはみそ又はソースから選択) 120g→980円,150g→1280円
ヒレかつ定食(小鉢・御飯・味噌汁・漬物付 ソースはみそ又はソースから選択)→1280円
カツ重(サラダ・味噌汁・漬物付)→980円
角煮定食(サラダ・小鉢・御飯・味噌汁・漬物 付)→1080円
お子様プレート(美濃ヘルシーポークハンバーグ・海老フライ・フライドポテト・ごはん・フルーツ・オレンジジュース)→530円
カレーライス(サラダ付)→780円,カツカレー(サラダ付)→980円
かけうどん,かけそば→各680円,大きつねうどん,大きつねそば→各780円,天ぷらうどん,天ぷらそば→各880円
白御飯 小→100円,大→150円
和風オムライス(サラダ付)→880円 焼魚定食(小鉢二種・御飯・味噌汁・漬物付)→880円など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集