満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:碧羅(へきら)

分類:中華 所在地:金沢市笠舞本町(犀川大通り赤坂バス停近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:定食1(かにレタス炒飯+ニラもやしラーメン)
今回の所要経費:900円
探検隊の報告:
 暑い夏の1日である。満腹探検隊の職場ご近所探検隊である。
 ここ「碧羅」は職場からほんの数分のところにある中華料理屋である。前から気になっていたのだが,行く機会がなかった。今回は,やはりご近所もいろいろ探検してみねばなるまいと行ったのだった。
 駐車場はビルの裏にあり,入り口も裏側からのものもあるが,わざわざ車を置いて,ぐるりと回って表の入り口から入る。
 すでに先客が3組ある。一人なのでカウンターに座る。直前のお客たちがいろいろと注文するそのあとで,おかみさんが人をじっと見つめたので,「定食1番」と答える。するとマスターが「あいよ,1番。」と応えるのだった。
 この日の定食は2つあり,1番が自分の注文した「かにレタス炒飯+ニラもやしラーメン」。2番が「冷やし中華+水餃子5個」であった。ちなみに,2番の方は800円。
 このほかにも黒板には今日のおすすめというのが6つほど書いてある。これらは単品なので,ご飯が別途要りそうである。何番かに「かにレタス炒飯」が書いてあり,単品だと850円だった。おそらく量はセットものより多い標準の量なのだろう。
 マスターは注文した順に作り,直前のお客3人のものができるまで暇だったので店内を見渡すと,「祝15周年」というお祝いの花が置いてある。そうなのか,この店って15年も前からできていたのかと感心するのだった。
 さて,前の3人の分ができあがって次は自分の分のようである。「暑いねえ。」とマスターが人に声をかける。手順を見ていると,まずはもやしをラーメンを茹でるやつ(はて,何と言う名前の調理器具なのか)でさっと茹でる。もやしをざるにあげる。中華鍋に油を熱し,ニンニク等を入れて,もやしとニラを炒める。その間に麺を茹でる。スープはすでに温まっているので,ラーメン鉢にスープを入れ,麺を入れもやしとニラを炒めたやつをのっけてできあがり。
ニラもやしラーメン  ということで,まずは「ニラもやしラーメン」がやって来たのだった。
 そうそう,この店に入ってきたタイミングもあるかもしれないが,水をもらってなかった。前の3人が座って,水をもらったかと思うと自分が入ったらしく,しかも注文を順次聞いて,3人の注文に引き続いて自分が注文したので,自分に水を出すことを忘れて,おかみさんがみんなの注文を聞いていたようである。そうだなあ,水もらってないなあ,でもまあ,料理出てきた時に頼むか,と思っていたら,ラーメンを出してくれたマスターが気がついて,おかみさんに指示をする。ちなみに,2人の会話はすべて中国語である。
 さて,このラーメン,スープを一口すするといい味だねえ。基本の鶏がら醤油味なのだが,薄過ぎもせず,ちょうどいい味。このあとの炒飯のスープにもいいかなって感じである。麺の量は定食のセットなのでやや少なめなのかもしれないが,いかにも中華料理屋の基本のラーメンを食べているって感じである。もやしはしゃきしゃきで,とりあえず,このラーメンを食べつつ,炒飯を待つ。
ニラもやしラーメン  しばらくしてやって来たのが「かにレタス炒飯」である。
 麺が伸びるかもしれないので,まずはラーメンを平らげる。そして炒飯をいただく。薄味で美味しい炒飯である。カニもたっぷり,レタスはちょいしゃきっとしている。いったい炒飯にレタスを入れるなんて誰が考えたのだろうか。
 ということで,ラーメンのスープを炒飯のスープ代わりにして,しっかりとこの美味しい定食をいただいたのだった。
 それにしても,ご近所にこのような店があったとはねえ。やはりご近所探検隊もしてみるもんだね。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集