満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)

分類:中華(台湾料理) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:野々市町高橋町【金沢工大前店】(金沢工業大学並び)
探検時期:2009年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:担々麺セット  今回の所要経費:600円
探検隊の報告:
 お昼時である。連日ラーメンでは芸がないと思い,行ったことのない別の店にする。ランチでもいただこうかと思ったのである。ところが,結局ラーメンも食べることになる。
 ここは金沢工業大学の並びにある「鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)」という店である。漢字を見たって読めはしない。しかも「鬍」の文字はShift-JISのコードにもなく,このHTMLファイルではユニコードで表記している。(コード番号「39693」。OSの種類によっては表示されていないかもしれません。ついでながら,「ひげ」という漢字がこんなにもあるとは知らなかった。)
 ただ,店は見た目が中華料理屋のようだから,何か中華が食べられるかと思い入ったのだった。
担々麺セット  そして,入ってわかったが,ここは魯肉飯(るうろうはん)という,台湾の料理を中心とする店だった。このほかにも,ご飯ものはあるし,それとともに食べる野菜や肉類,スープもある。がしかし,選んだお品書きは,「担々麺」だった。といっても,これはセットになっていて,担々麺+魯肉飯+小鉢+飲み物である。ご飯の小は600円,大で700円である。しかも,今はサービス期間とかで,ご飯を大盛りにするか,デザートが付くかするらしい。しかし,デザートは特に好まない自分としては,ご飯を大盛りにする。ちなみに,飲み物はアイスコーヒー。アイスコーヒーもビールの1パイント(568ml)のグラスで出てくるので,結構量が多い。それと,今の時期は冷やし担々麺を提供しているらしい。(自分は温かい方を選択)まあ全体としては,これで600円であるから,お得なお品書きといえるだろう。
 さて,担々麺は,スープを一口すすれば,ちょっと中華風の味。まあ,中華なのだが,独特の香りがあり,うまい。魯肉飯を食べてみるが,これもなかなかいける。ご飯にかき混ぜて食べるが,日本人にもとても合う,甘辛い味である。こんなのが台湾名物とは知らなかった。
アイスコーヒー  ちなみに,魯肉飯については,ゆっくりコーヒーを飲みながら,説明書きを読んだ。それによると,「台湾伝統の庶民料理で,豚肉のかけご飯のこと。1960年ヒゲの張さんがコラーゲンたっぷりの豚のほほ肉と秘伝のタレを使い「鬍鬚張魯肉飯」として売り出すや一度食べたら癖になる味だと大人気に。今では台湾の屋台街やお弁当には欠かせないメニューです。」とある。1960年だから,言ってみれば,ごく最近のことである。人の名前が付いている「鬍鬚張魯肉飯」というお品書きだが,まるで「麻婆豆腐」と同じである。「麻婆豆腐」の歴史には負けるが,この「鬍鬚張魯肉飯」もご飯好きの日本人には十分受け入れられる味だと思う。
 あとは,ここのビールがうまそうである。能登でつくっているらしい。地ビールである。麦芽とホップだけの本当のビールである。それが1パイントグラスに入って,400円だから,とてもお得な価格である。
 ということで,今度は誰かに乗せてきてもらって,じっくり「鬍鬚張魯肉飯」とビールを味わいたいと思うのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
座席数
座席数:カウンター5席,テーブル席は4人掛け×3,2人掛け×4はあるでしょう。
駐車場
駐車場:店の前には4〜5台分。
くわしくはウェブサイトへどうぞ:鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:石川県野々市市御経塚2丁目91【イオン御経塚店】(イオン御経塚店1階フードコート)
探検時期:2017年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:鬍鬚張魯肉飯(中)  今回の所要経費:420円
探検隊の報告:
 久しぶりの「鬍鬚張魯肉飯」である。というのも,最近ご近所の「シェア金沢」に風呂に入りに行ったところ,そこの「ニューももや」の宣伝がしてあって,そこのお品書きに「鬍鬚張魯肉飯」がある,とあったからである。そして,前に行った「金沢工大前店」のほかに「イオン御経塚店」にもあるらしいとわかったので,やって来たのだった。
 この店がどこにあるかというと「イオン御経塚店」の1階のフードコートであった。その一角にこぢんまりと店はある。隣の「はなまるうどん」の勢いに押されているが,「鬍鬚張魯肉飯」のほかにもラーメンなどもある。
魯肉飯  今回久しぶりに「魯肉飯」を食べてみたかったので,ごくごくシンプルに「魯肉飯」の「中」である。「魯肉飯」だけをいただくので「小」だと少々少ないかと,「中」にする。
 空いているので,「今すぐ作りますから,そのままお待ちください。」とのことで,カウンター前に立って待つが,すぐにできる。当たり前だが,ご飯にタレをからめた豚肉をかけるだけ。
 ということで,久しぶりの「魯肉飯」だった。こんな味だったかな,というのと,もうちょっと上にかけてほしいね,というのが感想である。前はラーメンとのセットだったのを思い出したので,これはやはりラーメンと共にいただくのがいいのか。ラーメンと「魯肉飯」の「小」のセットもよかったかもしれない。いや,とにかく久しぶりに食べてみたかったので,「う〜ん,こんなものだったのか。」という感じで,満足はした。次回はラーメンと共にいただこう。
−−−中華の仕切り線−−− お品書き
このときのお品書きいろいろ:
魯肉飯,鶏肉飯 小→300円,中→420円
トッピング 野菜のせ 青菜,もやし,キャベツ,豆苗→各80円増し
トッピング 肉のせ ばら肉,ほほ肉,パーコー→各180円増し
丼物 鬍鬚張丼(ひげちょうどん),唐山排骨丼(ぱーこーどん)→各650円
拉麺 担々麺,辛肉麺→各500円,台湾まぜそば→650円
拉麺セット 拉麺3種から選択+魯肉飯(中)または鶏肉飯(中)→850円
拉麺3種から選択+魯肉飯(小)または鶏肉飯(小)→750円
拉麺3種から選択+ライス(中)→700円
拉麺3種から選択+ライス(小)→650円
スープ
野菜→210円,ザーサイと鶏肉,メンマとスペアリブ,水餃子,ゴーヤとスペアリブ→各380円
このほか飲み物,ドリンクセット,タピオカセットなどあり
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集