満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:氷見(ひみ)フィッシャーマンズワーフ海鮮館(かいせんかん)

分類:和食(浜焼き) 所在地:富山県氷見市中央町(氷見漁港)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:浜焼きいろいろ  今回の所要経費:1人1000円あまり
探検隊の報告:
牡蠣  ここへは時たまやってくる。
 なにしろ,季節限定ではなく,4月になれば,毎土日に浜焼きをやっているからである。
 そして,金沢からはお手軽な走行距離であるからである。
 問題なのは,運転手がいるかいないかということであり,ビールを飲むのをあきらめてもここへ来るか,ビール飲みたい季節だから,ここへ来ることをあきらめるかという,選択を迫られるのであった。(しょーもない選択であるが,重要な選択である)

  はたはた イカ  さて,この日はゴールデンウィークの2日目。子どもが帰ってきていて,運転手がいる。
 こんな場合は,やはり,ちょっと遠出をして,どこかへ行こうということになり,目的地が氷見になったのであった。
   しかし,着いたのは午後1時過ぎ,すでに浜焼きの材料はかなり売り切れている。
 テーブルも待たずに座れる状況である。
 海鮮館の中の店で,焼いてもらうものをいろいろと探したが,セットものはだいぶないらしい。
 それで,牡蠣やら,イカ,ハタハタを個別に買ってくる。(焼き上がりが上の写真)
 買ってきたものを,だいたい1皿500円で焼いてもらうのである。
 全くうまいやり方を考えたものである。
アンコウ,エビ アシロ,バイガイ  そのほかにも,海鮮館の中にはいろいろなものを売っている。
 この写真は,アンコウの唐揚げ,白海老の唐揚げ(このエビの唐揚げがうまい),アシロとかいうハタハタみたいな魚の唐揚げ,それからバイガイの煮たやつなんかも売っている。
 いずれもうまかった。

  海鮮鍋  それと,このゴールデンウィーク期間のみの海鮮鍋があった。
 写真は大漁鍋300円。ほかに鯨鍋500円なんてのもあった。
 腹一杯食べて,満足なのであった。 −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ
氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集