満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:讃岐饂飩(さぬきうどん)宏之輔(ひろのすけ)

分類:和食(うどん) 所在地:金沢市田上(山側環状線 田上交番近く,イエローハットの裏)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:かき揚げ天かけ+かき揚げ天ぶっかけ  今回の所要経費:780円+780円
探検隊の報告:
かき揚げ天かけ  うちからの徒歩圏内にいつの間にかできていたのがこの店である。店らしきつくりの建物を建てているときに,いったいこのあまり目立たない裏の方に何ができるのだろう,食べ物屋にしてはあまり目立たない場所だし,看板も山側環状線からは見えないだろうし,などと思っていたら,讃岐うどんの店だった。
 この日は年度末のお昼,うちの連れあいと共にやって来た。あまり時間がなく,さっとなにか食べて職場に行かなくてはならない。なので,近所のどこかへ行こうということになり,新しくできたこの店にやってきたのだった。
かき揚げ天かけ  自分が注文したのは「かき揚げ天かけ」。つまりかき揚げ付きの温かいうどんである。カウンターに座ったのだが,注文すると目の前でかき揚げが揚げられる。これがまた円筒形に仕上げられる大きなかき揚げである。
 最初出てきたときに,白髪ネギが載せ忘れられていて,再度ネギが載って出てくる。
 この高さを表現するために,横から撮ってみた。
かき揚げ天ぶっかけ  うちの連れあいの方は冷たい「かき揚げ天ぶっかけ」である。
 この店のお品書きは都合6種類である。もっとも単純なのが温かい「きつね」。次に「うめ」。紀州梅とあおさのりが載っているとある。
 そして,かき揚げかかしわ天を選択して,温かいか冷たいかを選ぶ。ちなみに冷たい方はかき揚げの場合は「ぶっかけ」でかしわ天なら「ざる」となっている。「かしわ天ざる」のお品書きには「宏之輔名物」とある。また「こだわりのつけ汁…砂糖を使わずワインで甘みを出しています」と書いてある。
かき揚げ天ぶっかけ  お隣の人がこの「かしわ天ざる」を注文していたが,かなりの量のかしわ天である。どう考えても熟年夫婦には多すぎる量のタンパク質である。ということで,満腹探検隊としては次回は「名物」というものを食べてみようかと思ったのだが,これはかしわ天一切れくらいでいいので,誰か若者と来て,一切れだけお相伴にあずかり,ついでにこのつけ汁とやらも味わってみることとしよう。はて,いったいいつ実現できるのやら。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年12月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:きつねうどん  今回の所要経費:580円
探検隊の報告:
きつねうどん  12月も下旬である。土曜日であるが,連れあいは仕事。その昼の合間の時間に一度帰宅して,一緒に食事をしに行くこととする。そうしてやって来たのが,近所のここ「讃岐うどん宏之輔」である。しばらくの間休業していたようだが,今は普通に営業しているらしい。
 土曜日の昼ということもあってほぼ満席。しばらく待ったあとカウンターに座る。
 自分は冬場なので温かいものを,そして,食べたことないものをということで「きつねうどん」としたのだった。ちなみに連れあいは「かき揚げ天ぶっかけ」である。
 少々甘みのある揚げをいただきつつ,うどんを食べる。確かに美味しいうどんである。あまり目だたない場所にありながらも,評判を聞いてやって来るのか,店は繁盛しているのだった。最後までおつゆを飲み干し,完食である。美味しかった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
かき揚げ天かけ(温),かしわ天かけ(温),かき揚げ天ぶっかけ(冷),かしわ天ざる(冷)→各780円
きつね(温)→580円,うめ(温)→690円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集