満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:大衆ホルモン哲(てつ)

分類:洋食(焼肉) 所在地:群馬県渋川市伊香保町伊香保(伊香保温泉)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年10月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:二人でいろいろ食べて飲む。
その中身は ホルモン(辛みそ)+豚ハラミ+ししゃも+キムチ+サラダ+生ビール+冷酒
今回の所要経費:締めて4300円
その内訳は 500円+800円+300円+400円+600円+600円×2+500円
探検隊の報告:
玉こんにゃく  群馬県は伊香保(いかほ)温泉へとやって来た。朝いきなり思い立ち,ネットで宿屋を予約して,10時に金沢を発って,夕方4時に伊香保に着いたのだった。
 宿は素泊まりのみ。夕食も朝食もなしであるが,実はその方が旅は面白い。地元の居酒屋に行くのである。どんな町にも居酒屋というか酒が飲める店はある。最悪の場合はラーメン屋でラーメンと餃子とビールである。しかし,今回はしっかりといい店を発見したのであった。
 ちなみに,その前に伊香保の温泉街を散策した。階段で有名な伊香保であるが,これは玉こんにゃく。一串に3つついて100円である。そして,もちろんそれだけでは終わらす,缶ビールも一緒に購入。階段のところの椅子に座って,しばしくつろいだのだった。
シロ  さて,今回やって来たのは「大衆ホルモン哲(てつ)」という店。
 どういうきっかけでやって来たかと言うと,泊まった宿屋でもらった「伊香保テレマップ」に載っていたのである。これはその日のテレビ番組が印刷されているもので,部屋に置いてあった。夜はどこかに飲みに行こうというわけで,とりあえずはこれをあちこち眺めていたのだが,その中の「ホルモン」という単語に惹かれたのだった。連れあいも自分もホルモンが好きである。モツ煮込みなんてのは大好物。焼きトンでもシロ,レバー,ハツなんてのは定番の二人である。それで,「ホルモン」なんて言葉を見つけ,じゃ,今夜の一次会はまずここだ,となったのだった。ついでではあるが,「500円以上の注文で生ビールグラス(小)プレゼント」とある。まったくもって我々にはおあつらえ向きの店なのだった。
 とりあえずは温泉に浸かる。そのあと浴衣に丹前を羽織り,宿屋を出て伊香保温泉のシンボルの石段を下る。このあたりであろう,というところに向かうのだが,もらっている「伊香保テレマップ」の略地図はやはりわかりにくい。で,あたりをつけて向かうと,一軒明るい店があり,換気扇より煙がもれている。おお!ここだ,とばかりに店に入る。
シロ  店に入ると煙がもうもうとこもっている。そして,小上がり風というよりも,カウンターの前にしつらえた畳の座敷って感じのところにテーブルが三つ。すでに一組の親子連れと,一人飲みのおじさんが七輪を前に食事中である。いや,おじさんは一人宴会中である。我々はもう一つ残っているテーブルに向かい合わせに座る。
 もらっている「伊香保テレマップ」をテーブルの上に置いたまま,注文は
「生ビール二つ,それと,まずはホルモン。」
と言うと,味付けを聞かれる。「塩,みそ,辛みそ」と三種類あるが,連れあいが
「辛みそはだいぶ辛いですか?」
 と聞くと,
「いいえ,そんなに辛いということはなく,大丈夫ですよ,美味しいですから。」
とのことで,味は「辛みそ」とする。ここまでで生ビール600円也,ホルモン500円也。それと「豚ハラミ」(800円也)と「ししゃも」(300円也)も注文した。
豚ハラミ  この段階で「それじゃこれ(「伊香保テレマップ」)をお持ちですから,まずはサービスの生ビール出しますね。」ということで,グラスビールが出てきた。しかし,このサービスのビールもけっこうな量がある。いいサービスだ。
 さて,しばらくすると炭を入れた七輪がやってくる。そして,まずは「ホルモン」である。で,連れあいと二人して「おおっ。」と言ったのだが,それは量の多さである。まあ「大衆ホルモン」の名に恥じない,嬉しくなるような量である。これで500円なのって感じの量である。さっそく網の上に載せて焼き始める。
豚ハラミ  それと続いて出てきた「豚ハラミ」これもたっぷりの量である。
 もう一つのテーブルに陣取る親子連れは三人なのだが,その子どもの可愛いこと。一歳とちょっとらしい女の子だが,愛想がよい。最初お母さんの背中におんぶされていたが,人の顔を見てはにこにこ笑い,眠る気配もない。お母さんはもう寝かすのをあきらめて,おんぶをやめて,彼女を畳の上に降ろす。ハイハイするでもなく,お母さんの側にいて,またもや声を出して笑うのであった。
 さて,「ホルモン」も「ハラミ」も美味い。辛みそ味を選んだが,ほんとに辛いってわけじゃなくて,ビールが進む味である。
 最初弱めだった炭火も,途中からけっこうおきてきて,火力が強くなる。七輪でじゅうじゅう焼くというのも,また情緒があり,美味しさを引き立たせる。
サラダ  途中,ここらあたりで野菜が食べたいということで,キムチ(400円也)とサラダ(600円也)を注文する。このキムチも美味かったし,またこのサラダが,シンプルだけど丼盛りって感じである。すべてに大衆酒場って感じであり,美味しくビールが飲める。
 どこから来たか聞かれたので「金沢から。」と答える。ご主人の話によればこの「伊香保テレマップ」に10月1日分から店を載せたらしいのだが,行ったのはその10月1日。「伊香保テレマップ」を見てやって来たお客第一号が我々のようである。この3か月ほどは掲載を停止していたらしく,掲載を停止するとお客が減るんですよ,とのことであった。やはり宣伝は大切なことか。確かに我々はこの「伊香保テレマップ」を見てやって来たのだから,こうやって,夜の飲み屋を探すのに,載っているかいないかは重要な要素である。ちなみに,宿屋では,近くにある店を紹介された。宿屋の近くにも何軒か飲める店がある。実は二次会で利用したのだが…
 ついでに,この店が「大衆ホルモン哲」なので,ご主人に「お名前が『哲』なんですか?」と聞くが,実は漢字が違うという。実名は「鉄」を使うが,これだと「金を失う」と書くので,よろしくない,とのことでちがう漢字にしたという。なるほど,商売人らしい。
日本酒  もう少し焼き物が残る中,貼り紙がしてあった冷酒を注文する。「船尾瀧」(ふなおたき)という渋川市の隣の町の吉岡町の酒らしい。(500円也)(ちなみに,「船尾瀧」というのは吉岡町の船尾山の西北にある滝で,榛名山系の湧き水を集め,60メートルの高さから落下する群馬県下一の滝らしい。)これを注文すると,手塩に載ったグラスと一升瓶を持ってご主人がテーブルの脇までやって来る。そして,テーブルに置かれたグラスにご主人持参の一升瓶から日本酒が注がれる。まさしくつるつるいっぱいの酒である。(「つるつるいっぱい」は金沢弁か。)これまた「ここは居酒屋だぁ!」という雰囲気。最初の一口はテーブルの上に置いたまま,グラスに口をつける。冷酒といっても常温であるのだが,これがさらりとしていて,美味い。水のような感じで飲める。
 可愛い女の子連れの三人家族はすでに引き上げた。一人飲みのおじさんは,さらに次の一品を注文して,ご主人と話しながら宴会が続いている。立ちこめる煙はそう簡単には消えそうもない。ということで,伊香保での一次会はこのあたりで終了。気持ちよく飲んで食べて,これで二人で4300円なのだから,大満足料金である。
 帰りは裏通りの坂道を上がっていく。途中でスナックのお姉さんから声がかかるが,スナックにはご用がない。さらに上がっていくとストリップ劇場があり,その前ではドラム缶に薪をくべて,暖をとりながらの客引きである。まだ8時過ぎたばかりで,時間が早いせいか,誰にもすれ違わない。昔ならば,旅館での一次会を終えた人々が,このあたりにもたくさん繰り出していたのかなあ,いや,このあと繰り出してくるのだろうか,などと思いつつ,坂を上がり,次は宿屋近くの店「ふきのとう」に二次会に行ったのだった。
−−−ビールの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
この時のお品書き
このときのお品書きいろいろ:
炭火焼き
ホルモン(塩・みそ・辛みそ)→500円,豚ロース→500円,豚タン,豚ハラミ→各800円,ししゃも,チョリソ→各300円,野菜焼き→600円
単品
唐揚げ→700円,イカオクラ→600円,冷や奴,もずく酢→各300円,シューマイ,キムチ→各400円,フライドポテト→500円,サラダ,キムマヨオニオンスライス→各600円
その他ご飯もの,定食,麺類あり
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2017年6月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:二人でいろいろ食べて飲む。
その中身は ホルモン(辛みそ)+キムチ+サラダ+生ビール×2
今回の所要経費:締めて2300円
その内訳は 500円+600円+600円×2
探検隊の報告:
 久しぶりの伊香保温泉である。
 朝6時半過ぎに金沢を発ち,上信越道を南下する。信州中野インターチェンジでおりて,渋峠越えをする。途中横手山やら草津白根山などでパノラマ写真を撮ったりしながらののんびり旅である。そうして2時半頃には伊香保温泉にたどり着いた。
 時間が早いので,階段街を歩いたり,ロープウェイに乗って,見晴駅の先のときめきデッキとかいう展望台でまたもやパノラマ写真を撮ったりしながら,一度旅館に帰る。少々歩き疲れて,乾きもので缶ビールをいただき,のどを潤す。そして,夕暮れを待つ。毎度おなじみ素泊まりで,夕食は町に宴会をしに繰り出すのだった。
 ちなみに,ここまでのパノラマ風景については,以下のページをご覧ください。
おすすめの日本のページの中から
横手山ドライブイン・展望レストラン付近からの眺め
草津白根山(くさつしらねさん)湯釜(ゆがま)の眺め
伊香保温泉(いかほおんせん)山の上公園からの眺め
ビール  さて,いよいよ5時になり,今回の1次会の目的地,ここ「ホルモン哲」にやって来た。と言うのも,「ホルモン哲」は前回に伊香保温泉に来た時にもお世話になった店なのである。そのときも今回も旅館の部屋にその日のテレビ番組表,通称「伊香保テレマップ」があり,その中に載っていた店だったのだ。このテレビ番組表持参だと,最初の飲み物がサービスなのである。
ホルモン  店に入るが,開店早々で,まだお客は誰もいない。適当な席に座り,お品書きを見ていると,店主が目ざとく持参の「伊香保テレマップ」を見つけ,「テレマップご持参ですので,最初の飲み物サービスですが何がいいですか?」と聞くのでビールを注文する。
ホルモン焼いてますよ状態  続いて食べ物の注文だが,やはり「ホルモン」である。味の方はまたもや「辛みそ」を連れ合いが選択。発想が変わらないねえ。
 で,感想は前回と同じ。量がたっぷりで500円。これぞ「大衆ホルモン哲」である。あとでまたもやサラダを注文したが,これが600円,お代わりというか,正規に生ビールを注文したがこれも600円。それに対してホルモンが500円なのだから,大衆料金。これでビールも500円だったらもっと大衆料金,良心価格。まあ,ホルモンが500円なのでよしとしよう。この味のホルモンにビールが合う。
サラダ  この日は展望台で缶ビールを開け,旅館に帰っても缶ビールを開け,少々0次会をやっていたので,前回のようにいろいろと追加の焼き物を注文することもなく,この店はこれくらいで去ることとする。それでも充分満足できる店なのだった。
 とはいえ,ふらりと旅館へ戻りながら,結局は近くの中華料理「」に顔を出した。前回は2次会に「ふきのとう」だったのだが,それを通り越しての中華の「」である。その報告は「」のページへどうぞ。 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集