満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:壱鶏(いっけい)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市八日市出町(西南部交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年9月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:とりそば  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
 日曜日の昼下がりである。仕事を終えて昼ご飯にとやって来たのが,ここ「壱鶏(いっけい)」である。
 それにしてもこのあたりの道の変わりようといったらない。いろいろと道が整備され,しかもその道は縦横の碁盤目のようになっているのではなく,けっこうくねくねと曲がっていて,あれれ,この道を走るとこの交差点に着くのか,といった感じである。三角形の一辺を走っているようなところもあり,なんだ,同じところに着くじゃないか,といったところもあり,慣れないと,一体この道はどこにたどり着くやらといった感じである。
 閑話休題。店にはいると,とりあえず扉を開けた風除室といったところに券売機がある。買ったのは券売機の一番左上の「とりそば」(醤油味)である。ちなみに,この「とりそば」醤油味と塩味があるのだが,先に醤油味と書いてあったので醤油味を選ぶ。そして,さらにもう一枚の扉を開けて中に入る。テーブル席もあるが,自分は一人なので,コの字型のカウンターに座る。
 よくよく考えると,この店は「とり白湯ラーメン」というのが売りのようで,そんな名前のラーメンは食べたことがないから,それもよかったかと思ったが,まあとにかく,満腹探検隊はお品書きの一番最初のものを注文するのであった。
とりそば(醤油味)  さて,出てきた「とりそば」は一見とんこつラーメンのようなスープである。鶏ガラスープの醤油味ってことで,よくある中華そばの醤油味かと思ったが,かなり濁っている。そして,かなり濃いめの味だった。ちょっと,鶏ガラのスープって感じじゃなくて,かなり醤油の味が勝っているんじゃないかと思った。考えてみれば,塩味の方が本来のスープの味がわかったのかも知れない。
 ただ,スープを飲むのではなく,麺をいただくのであれば,まあ,これくらいのスープでいいだろう。
 ちなみに「壱鶏」というくらいで,チャーシューすなわち焼き豚ではなく,焼き鳥(?)である。いわばグリルドチキンといった感じである。
 ついでに2つ目のお品書きが「とりおやこそば」(750円也)だったが,これって何だろうと思ったが,これはもしかしたら,「とりそば」に玉子が入っているのだろうという結論に達した。(なんて,仰々しいものではないが)つまり親子丼ならば,鶏肉を玉子でとじてあるが,同じで,鶏肉と玉子の取り合わせという発想だろう。
 ということで,ラーメン自体は美味しくいただいた。やはりここでは次は売りの「とり白湯ラーメン」(はていくら?)か「魚介醤油白湯ラーメン」(700円也)に挑戦してみねばなるまい。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集