満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:地獄温泉(じごくおんせん)清風荘(せいふうそう)の猪鍋(ししなべ)

分類:和食 所在地:熊本(阿蘇山中腹)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年5月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:猪鍋(ししなべ)  今回の所要経費:???円
探検隊の報告:
 九州へと旅に出た。
 3日目である。
 今日の宿泊先は,阿蘇の中腹,地獄温泉清風荘である。
 ここは有名な温泉らしい。
 そんなこととはつゆ知らず,旅の案内書を見て予約したのだった。
 開湯が江戸時代であり,いったいどんなところなのだろうと思いつつやってきたのだった。
 たどり着けば,建物も本館は由緒ある建物。明治時代に建てられたものらしい。
 自分たちはその本館に泊まる。
 なんだか江戸時代の旅籠の気分である。
 長い廊下にふすまが並び,もちろん鍵などかからない。
 テレビと蛍光灯がなければ,水戸黄門が格さん,助さんと座っていても不思議ではないような部屋である。
 温泉も何か所かあり,内湯に露天風呂,おまけに混浴露天風呂まである。
 夕食を何にするかということだったので,いくつかあるものの中から猪鍋を選んだ。
 せっかく阿蘇まで来たのだし,これまで食べたことがないようなものにしたのだった。
これから始まりますよ状態  これが,猪鍋の始まりである。
 まずは野菜が入れられる。
 そして右手に見える大皿にきれいに並べてあるのがしし肉である。

  味噌を入れますよ状態  しし肉も入れ,だいぶ煮えてきたところで,味噌を入れる。
 あとは器にとって,好みに応じて唐辛子などを入れたいただく。
 肉の方はというと,牛肉と豚肉の中間のような味で,臭みもない。
 ただ,少々堅めである。
 ありがたくビールを飲みながらいただき,このあと再び露天風呂に入りにいった。
 なにしろ,金沢からはそう簡単に行けるところではない。
 貴重な体験であり,旅であった。
 それにしても,温泉もいいし,食べ物もいいし,いい温泉旅館であった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ
地獄温泉清風荘 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集