満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ジムホール

分類:洋食(居酒屋) 所在地:金沢市片町(片町スクランブル交差点角)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年9月  今回の探検目的:宴会の2次会
今回のお品書き:ジントニックと何か軽食  今回の所要経費:酔っぱらいは記憶にない
探検隊の報告:
ジムホールからの夜景1  ジムホールと言っても,ギターの演奏家(カタカナ言葉でギタリスト)ではない。(ちなみに,ギターは戦中に英語が使えないとき,なんと言っていたのだろう?ましてやジャズはなんと表現していたのであろう?)
 ここは金沢一の繁華街,片町はスクランブル(適切な日本語がない)交差点の角の高層の建物(カタカナ言葉でビルディング)にある軽食もできる洋風居酒屋(カタカナ言葉でスナック)である。
 (最近このような洋風居酒屋をダイニングバーなどと和製英語で言っているときもあるが,もちろんこんな英語はない。ちなみに,ダイニングキッチンも和製英語だが,今にダイニングバーも定着するかもしれないな。)
ジントニック  さて,夏も終わりに近づいたある夜,同僚たちと共に,2次会はここに来る。
 この建物の3階にこの店「ジムホール」はある。
 ちょうどあいていた露台(カタカナ言葉でテラス)に座る。
 ここは,スクランブル交差点がよく見渡せる。
 もしかしたら,よき逢い引き好適場所(カタカナ言葉でデートスポット)かもしれない。
 もう冷房がなくても,外気が心地よい。
 混成酒(カタカナ言葉でカクテル)が何種類もある。
 何にしようか迷うくらいであるが,今夜はジントニック(和訳が難しい)を注文する。
 そのほかにも何か軽食を注文したが忘れている。
 ということで,スクランブル交差点の様子と,金沢の繁華街のちょっとした様子をご紹介しよう。
 ま,酔っぱらいが撮影したものだから,この程度である。
 さりげなく写っている同僚たちも気にしないでいただきたい。
 なにしろ楽しく語らう,それが人生の楽しみなのである。
 こうやっておじさんたち(一応おばさんもいる)の夜は更けていくのであった。
  ジムホールからの夜景2 ジムホールからの夜景3
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特になし。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集