満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:マジックバー 金沢STYLE(かなざわスタイル)

分類:バー 所在地:金沢市片町(金劇パシオンビル裏の青山ビル)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2014年10月  今回の探検目的:宴会の2次会
今回のお品書き:2杯飲んでマジック見る
今回の所要経費:5000円強
探検隊の報告:
 宴会の2次会である。隊員の中に若者がいて,やたら「バーに行きたい。」と言う者がいる。なので,片町のバーに行くことになる。金曜日の夜である。
 それにしてもこの夜片町でハロウィンの仮装集団に多数会う。いったいいつからこの他国のお祭り騒ぎが日本に入ってきて,定着しつつあるのかはわからないが,まあ,平和国家の象徴である。いや,無頓着国家の象徴か,それとも多神教国家の象徴か。いやいや,多神教ではない,無宗教国家の象徴か。あれは死霊のメークというのか,やたら顔におぞましげに塗りたくる者多数。戦闘服姿の女の子の集団にも会うし,頭になにやら飾り付ける女の子多数。男性よりも女性の方がより多く見受けられる。頭に輪っかをのっけたミニスカの天使の集団にもたくさん出会う。中身までが天使なのかどうなのかは不明だが……。まあやたらと仮装集団にすれ違う。こちらはミニスカナースの仮装集団をながめて,目の保養とする……ってただのおじさんか。
 さて,どこのバーへ行くかだが,自分もそんなにあちこち行くわけではないので,中の知っている者の紹介するところに行く。それがここ「マジックバー 金沢STYLE」だった。とにかく「バーに行きたい。」という若者が,なにやらカクテルが飲みたいらしく,とりあえずはみんなでいろいろと注文する。自分が飲んだのも,何という名かはわからないが,リクエストは「苦い酒」である。
ビール  途中からマジックが始まり,それはまた面白い。カウンターに座って,その目の前でするのだから,一段と不思議である。トランプのマジックやら,リングのマジック,カップのマジックと飽きることなく見せてくれる。マジックだからタネはあるのだろうが,全くわからず,ただただ楽しむのであった。
 さて,2杯目はちょいとのどが渇いてビールとする。プレミアムモルツである。小瓶がグラスに注がれる。しかし,これで1200円である。340mLのビールだから,居酒屋相場の3倍以上のお値段だ。まあ,深夜料金というのか,マジックのショーの料金というのか,カクテルも基本1杯が1000円以上だから,お高め。そして,5人で最後に支払いをしようとしたら,合計で26000円弱。つまり一人あたら5000円強である。飲み物2杯で2500円くらい,チョコレートとお菓子少々で1000円,あと残りはショーの代金か。
 ということで,この店の印象は2つ。マジック面白い!料金高すぎ!
−−−海老フライの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集