満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:高知日曜市

分類:食事というよりも市だし,立ち食いって感じ 所在地:高知県高知市(追手筋に1キロ以上の長さ)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年9月  今回の探検目的:買い物ついでに軽食
今回のお品書き:いろいろ  今回の所要経費:合計は不明
探検隊の報告:
高知 日曜市  高知の朝である。ホテルの方は宿泊のみであったので,朝ご飯として,何か食べられるものもあるかと日曜市へとでかける。
朝市風景  車はホテルにそのまま置いて,日曜市の東の方の電車の駅でいえば「はすいけまちどおり」から入って,西の高知城の方向へと歩いた。延々1キロ以上もあるのだが,見て歩いているうちに,知らずのうちに高知城までたどり着いたのであった。
 それにしても,結構いろいろな店がある。この市も300年以上の歴史があるということだから,江戸時代から続くということである。
 そして,いかにも土佐だなあと思うのは,木がシュロであるところである。南国へ来たなあという気がするのである。
寿司いろいろ  お寿司もいろいろとある。
 昨日の夕食もいろいろ食べたが,(土佐黒潮料理「早川」って店)さすがに,お品書きにあった鯖の姿寿司にまではたどり着けなかった。鯖は好きで,鯖寿司も好きなのだが,もはやお腹いっぱいだったのだ。
 で,ここにもいろいろな寿司が売られている。いずれも美味しそうである。
 ただ,今回はほかにもいろいろあるかもしれないと,ここではお寿司を買わなかった。
天ぷら  途中ではぶどうを買った。
 房からはずれた粒を集めて,一皿にして売っていて,100円であった。
 その場で食べるのだから,これで充分である。房についているものは結構いい値段であるが,同じ味で,100円で,充分美味い。
 それと,この天ぷらが美味かった。「いも天」を一袋と,「いか天」「ごぼう天」を買ったが,揚げたてで美味い。ビルの入口の階段に座って食べる。
日曜市 高知城  しばらく進んでいくと,高知城もみえてくる。
 この通りは高知城の追手門から続く道らしく,追手筋と言われている。
 通りを行くと高知追手前高等学校というのがあって,なんだか由緒正しげな(?)雰囲気をかもし出している。
 結構長い道のりなのだが,いろいろと店を見て歩いているせいか,長く感じない。
 途中で柚子ジュースを飲んだ。
 柚子も四国ではよく採れるらしい。
 うちにも時々馬路村(うまじむら)のポン酢があるのだが,この馬路村も高知県のようである。
柚子ジュースを渡してくれる少年  ちなみに,このジュースを入れてくれたのは,小学生と思しき少年だが,えらく礼儀正しく,ていねいにジュースを渡してくれたのだった。
 さて,端から端まで,歩いて1時間弱。いろいろと見て,食べて歩いているうちに高知城にたどり着いた。
 あとは,高知城を見学して,帰りは市内電車で帰ったのだった。
 ということで,おまけで高知城天守閣からの4方向の眺めをご紹介しよう。
−−−お城の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 高知城天守閣からのながめ
 東方向  北方向  西方向  南方向 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集