満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ここちや

分類:和食・甘味屋 所在地:金沢市十間町(近江町市場近く,近江町駐車場の並び)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ざるそば  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 ここは,もともとは甘味屋のようである。ちょうど通りかかり,表のガラス戸に「乱切り そば」と大書されていたので,思わず入ったのだった。
天井  扉を開けると,まずはお菓子の並ぶショーケースがある。そこにも小さなテーブルがあり,ちょっと一休みでお菓子も食べていけるようである。さらにのれんをくぐると,そこはテーブル席である。また,奥には座敷もある。この建物は昭和初期に改築された商家らしい。座った席から天井を見上げようとしたら,何と素晴らしい,4階の高さくらいの吹き抜けであった。しかし,この吹き抜けは何のためにあるのであろうか?
 写真は座った座席から見上げた天井である。
ざるそば  さて,お品書きであるが,基本は甘味屋なので甘いものや喫茶が中心であるが,食事は4種類のみである。ご飯ものは天丼が2種類,「上海老天重」と「加賀野菜天重」である。
 そして,そばが「ざるそば」と「天ざるそば」。天ぷらまではいらないので「ざるそば」 にしたのだった。
 やってきたざるそばは,いかにも「乱切り」と張り紙にもあったように,手打ちのようである。ただ量がちょっと少ない。つけつゆはちょっと濃いめだったが,美味しくいただく。というよりも,あっという間にいただく。
コーヒー  あとはこれにコーヒーが付いて,ゆっくりおくつろぎくださいといった感じである。女性にはデザートが付くらしいが,男性には大盛りにしてほしいところである。700円でコーヒー付きで,コーヒーだけならば300円,ということはざるそばだけでは400円か。これならば,ざるそばのみのお品書きを作ってほしいところである。そして,大盛りを作ってほしいと思ったのであった。まあ,甘味屋に入って贅沢を言っているのであったが……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:ここちやのウェブサイト
食事のお品書き
このときのお品書きいろいろ:
上海老天重→1100円,加賀野菜天重→900円,天ざるぞば→1100円,ざるそば→700円 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集