満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:古納屋(こなや)

分類:和食(麺類) 所在地:金沢市元菊町(まめだ大通り沿い) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:きつね恩忘羅(おんぼら)うどん定食  今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 どこにでも面白い漢字を使った店の名前や,面白い名前のお品書きを考える人がいるもので,ここ古納屋(こなや)もその一つである。
 お品書きはみな,一ひねりしてあるし,しかも,命名は漢字。
 やはり,このように当て字を使えるのが,漢字文化の国,日本の楽しいところである。
 そもそも入り口の上には「笑培処」(しょうばいしょ)という額が掲げてある。
 商売をするところではあるが,笑いを培う処ということなのか。
 そういえば,そもそも1階の駐車場も,猫だか犬だか,狸だかの足跡が描いてある。
 店に入る前から,「何じゃこりゃ」と思いつつ入る店なのであった。
きつね恩忘羅(おんぼら)うどん定食  今日は,お昼のみのお品書きの中から,「きつね恩忘羅(おんぼら)うどん定食」を選んでみる。
 このほかにも日替わりの定食もある。
 「おんぼらぁっと」とは金沢弁で「ゆっくりと」「ゆったりと」という意味だが,とにかくゆっくりとくつろいで食べてほしいという意味だろうか。
 さすがに手打ちというだけあって,しこしこのうどんに,どこだったかこだわりの油揚げがのっている。
 そのほかに,ゆかりのかかったごはんと,漬け物,ちょっとしたおかずに,小さなやつは湯葉らしい。
 その昔は,入江にあったようだが,そのときは近所の「ギャラリー点」に藤井肇仮想美術館の取材で行き,ちょうどお昼時に,その「ギャラリー点」の雅ちゃんにこのうどん屋がいいわよ,と言われて行ってみたのだった。確かそのときは,でっかいどんぶりに,何でも入ったうどんで,金箔まで入っていたうどんを食べたような気がする。間違いなければ,その店がここに移転したようである。
 うどんだけを食べるにしてはお値段は少々高めだが,うまいうどんであり,いろいろなお品書きが,ついつい次にも食べてみたくなる店なのだった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ古納屋のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集