満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:さぬき粉太製麺(こたせいめん)

分類:洋食 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:野々市町扇が丘【南店】(金沢工業大学近く)
探検時期:2009年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:月見山ぶっかけ  今回の所要経費:680円
探検隊の報告:
 土曜日の仕事で食事に出た。
 本当はお目当てのラーメン屋に行こうとしたのだが,お客がいっぱいで,店をのぞくと順番待ちのようだったので,順番待ち嫌いの自分は即やめにして,ふらりと車を走らせたのだった。そして見つけた,ここ「粉太製麺」に入ってみたのだった。
 ここはうどん屋。讃岐うどんの店らしい。
 入ると明るい雰囲気。一人だったのでカウンターに座る。
 お品書きもかなりたくさんある。その中から「月見山ぶっかけ」を選ぶ。とりたてて理由はないのだが,強いて理由をあげるとすれば,お品書きのぶっかけのページの一番最初にこの「月見山ぶっかけ」の写真が出ていたからである。まったくもって単純な選択であった。
月見山ぶっかけ  しかし,頼んでから次から次へとお客がやってくるのだが,注文するものを聞いていると,面白いことにみんなほとんど写真として載っているものを注文する。
 ぶっかけにしてもいろいろあって,写真のない「山ぶっかけ」でもいいようなものを,自分と同じで写真で登場している「月見山ぶっかけ」をついつい注文するらしい。目の前には「ホタテ小柱と舞天うどん」の写真が特別に大きく貼ってあるのだが,これを注文する客も目立つ。
 やはり人間,お品書きに写真があると安心するのか,宣伝効果なのか,おかしいものである。人のことは言えないのだが……
 そういえば,味のことは書き忘れたが,うどんはシコシコ,ツルツルで,うまい。本場讃岐で食べたことはないのだが,ここはコシのあるうどんだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:野々市町扇が丘【南店】(金沢工業大学近く)
探検時期:2009年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:しょうゆうどん 大盛り  今回の所要経費:450+150−100=500(円)
探検隊の報告:
 土曜日の仕事である。お昼時間も過ぎ,今日はこの間見つけたつけ麺の「冨單」が空いているかと思ったら,相変わらずの行列だったのでやめて,わずか50mほど離れているこの間行った「福座(ふくぞ)」まで向かってみると,これまた順番待ちで座って待っている客が何人もいたのでやめて,結局は車で少し離れたここ「粉太製麺」へと再び来たのだった。そうするとまたもや満席だが,待ち客は一人もいなかったので,すぐにでも空くだろうと,待合いで座って待っていたのだった。
しょうゆうどん 大盛り  その間に決めた今日のお品書きは「しょうゆうどん」しかも大盛り。ちょっとお汁もほしかったのだが,やはり,うどん屋で麺を楽しもうと,元祖讃岐うどん(?)の「しょうゆうどん」としたのだった。
 大盛りは1玉追加だから,結構あったのだが,つるつるしこしこでうまかった。難点はせっかくかかっていたネギのみじん切りが最後の最後に残ってしまうことだった。最後にそれを食べてみたが,締めにネギはいまいちだった。ということで,次は別のお品書きにしてみよう。やはり「かけうどん」かな。
 ちなみに,お昼の時間帯なので,大盛り1玉増しも通常150円増しのところ,50円増し。中盛り0.5玉増しが通常100円のところ無料なので,そうか,大盛りでも差し引き50円増しなのかと,最後に代金を支払って確認したのだった。50円増しで満腹なので,これもいいか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
ぶっかけ
ぶっかけ→500円,山ぶっかけ→600円,月見山ぶっかけ→680円,海老もちぶっかけ→850円,肉わかめぶっかけ→1100円など
しょうゆうどん
しょうゆうどん→450円,月見しょうゆうどん→500円,山しょうゆうどん→550円,月見山しょうゆうどん→600円
ざるうどん
ざるうどん→500円,海老天ざる→900円,野菜天ざる→750円,かしわ天ざる→780円など
かけうどん
かけうどん→450円,月見うどん→500円,山うどん→580,いなりうどん→600円,鳴門わかめうどん→650円,海老天うどん→900円,ホタテ小柱と舞天うどん→800円など −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集