満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:甘味茶屋 小梅(かんみちゃや こうめ)

分類:和食・洋食・甘味 所在地:金沢市寺地(伏見台1丁目交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2010年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:オムライス  今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 このあたりに仕事があってやって来た。その昼ご飯である。同じく仕事に来ている仲間たちと,どこに行こうかということになり,その中の一人が近所にある甘味屋でランチが食べられるというのでやって来たのだった。
 この店は基本は甘味屋である。通常この「満腹探検隊」は甘味屋へ行くことはない。酒を飲みに居酒屋へ行くことはあっても,甘いものを食べることを目的にすることなどはない。ということで,珍しい店に来たのだった。
 店は和風のつくりで,いたって明るい。テーブルに男3人で座る。そして選んだのは「オムライス」である。ほかのランチのお品書きもあるが,やはりここは大好きオムライスだろう。
わらびもち  ここを紹介してくれた仲間は「ここはわらび餅で有名で,それが美味いらしい。」と言うが,それを注文して食べる気はしない。なにしろ日常的に甘いお菓子など食べないからだ。ところが,今回まずはお茶とともにお試しのわらび餅がやって来たのだった。サービスである。「ほほう,これが噂のわらび餅か。」と思いつついただく。わらび餅というからにはわらびが入っているのかと思っていたが,わらびの根からとれるデンプンの粉をわらび粉といい,それで作ったものがわらび餅らしい。甘いものの名前の由来など知らなかったので,一つ勉強した。そのわらび粉は貴重品だから,わらび餅というのも希少価値があるらしい。しかし,希少価値があっても,基本的に甘いものがどうでもいい人間にとっては,ただのお菓子である。酒の嫌いな人間に,大吟醸がどうのこうのと言っても無駄なのと同じである。せっかくだから有名なわらび餅をいただいたのだが,特に感激するわけでもなく,結局はお茶を飲んで口の中の甘みを流す羽目になるのだった。
オムライス  さて,しばらくして注文した「オムライス」がやってくる。量的にはやや少なめ。女性にとってはちょうどいいくらいかも知れない。デミグラスソースのやつを注文したが,ほかにもソースの選択ができる。ミニサラダ付きである。味はいい。なにしろオムライスは好きなので,おいしくいただく。
コーヒー  最後に飲み物がサービスである。自分はコーヒーを選んだが,あとの2人はカフェオレである。カフェオレのカップがまるで抹茶椀のようだったので,まとめて撮影してみる。
 この日は時間があって,のんびりと食べることができてよかった。わらび餅付き,コーヒー付きで750円で,最初は750円は高いなあと思ったのだが,まあいろいろついて,こんなものだな。
 コーヒー,わらび餅なしで500円でも充分いいのだが。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお昼の食事のお品書きいろいろ:
オムライス(デミグラスソース,ホワイトソース,トマトソース)→750円
ドリア(エビ,チキン)→700円,エビピラフ→800円
ハンバーグ定食,しょうが焼き定食→各780円
エビフライ定食,ヒレカツ定食→各880円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集