満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:黒百合(くろゆり)

分類:和食(おでん) 所在地:金沢市北安江町(金沢駅・百番街内) −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年12月  今回の探検目的:宴会というかちょっと1杯やりに
今回のお品書き:おでんなどいろいろ  今回の所要経費:2人で3650円だったかな
探検隊の報告:
 駅前で,県立音楽堂,フォーラスとはしごして,最後にはここ「黒百合」にやってきた。金沢駅の建物内,百番街にこの店はある。
 少々おなかに入れて帰るためである。
 日曜日の夕方,結構混んでいる。行ったときには満席で,待たなければならなかった。ここは多人数で宴会をするようなところではなく,ちょっと1杯という感じの店であるし,電車を待つ間にちょっと1杯という人もいて,時間を計って飲む人もいるので,お客はしばらくで出て行く場合が多い。
おでん4種  10分ほど待って入る。カウンターの椅子席がいかにもおでん屋らしいという感じなのだが,今回はちょうど空いた小上がりに座る。
 おでんで注文したのは,玉子,こんにゃく,大根,鰯のつみれである。いずれもいい味である。おでん屋のおでんがうまくなければ,話にならないのだが。

  しめ鯖 白子酢  それと,一品料理で,冬ならではのお品書きの「白子酢」,それと大好き「しめ鯖」を注文する。
 それにしても,しめ鯖がうまい。ちょうどよいしめ具合,それと醤油ではなく二杯酢で食べるのもよい。
 カウンターでおでん屋の雰囲気を楽しむのもよさそうだが,それにしてもたくさんの人が入れ替わり立ち替わりやって来るのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年12月  今回の探検目的:宴会というかちょっと1杯やりに
今回のお品書き:おでんなどいろいろ  今回の所要経費:2220円だったかな
探検隊の報告:
大根とすじ煮  1年ぶりにここ「黒百合」にやって来た。ちょいと一杯をやるために。
 それにしても賑わっている。一人だったのでカウンターの隙間に座る。
 とりあえずはおでんの大根(220円)とすじ煮(400円)を注文する。そして瓶ビール(610円)である。
 隣に座ったおじさんも一人で来ているらしく,いろいろと話しかけてくる。世の中には語る人がいるものである。最初のうちはよかったが,どんどん話が大きくなってくると相手はできない。

固豆腐  ということで,適当に話をしつつ,マイペースで飲む。
 瓶ビールは2本注文したのだが,もうちょっと何か食べようかなということで「固豆腐(かたどうふ)」(380円)を注文する。「固豆腐」は白山麓の名産で,固い豆腐である。わらで縛って持ち歩くことができる。それほど固い。これを刺身のような感じでわさび醤油に付けて食べるのであった。
 おっと,もう帰りのバスの時間だ。
 では久しぶりの「黒百合」をあとにしよう。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年10月  今回の探検目的:宴会というかちょっと1杯やりに
今回のお品書き:おでんなどいろいろ  今回の所要経費:2人で2680円
探検隊の報告:
鯖ぬた  金沢駅前の石川県立音楽堂の交流ホールへ落語を聴きに来たのだった。しかし,それまでにちょっと間があり,一杯ひっかけていこうということで立ち寄ったのがここ金沢駅の中のあじわい館の中にあるおでんの「黒百合」である。これまでも何回か来たが,いつも賑わっている。電車待ちのちょっとした時間には,すぐに出てくる,すぐに食べられる,1品だけでもかまわない,というおでん屋はぴったりである。
 さて,今夜はおすすめのお品書きの中から「鯖ぬた」(480円也)を注文。鯖が好きなので,ついつい鯖のお品書きに目がいく。鯖ぬたは美味い。
おでん すじ煮  おでんは,大根,玉子,こんにゃく(220円,100円,200円也)。それとスジ煮(400円也)を頼む。好みに応じて味噌やネギをかけることができるが,2つとも頼むのであった。
 ここのおでんは上品な味である。適度な味のしみこみ方で,これくらいがちょうどいい。
 スジ煮は結構な量がある。味噌とネギの味がちょうど合っている。
 ということで,落語を聴くまでのちょっとの合間に,キリンラガー(630円也)を2人で2本いただいたのだった。いやあ,ほんとにちょっと一杯にはぴったりの店だなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2012年4月  今回の探検目的:宴会というかちょっと1杯やりに
今回のお品書き:おでん3品,ビンビール1本  今回の所要経費:1330円
探検隊の報告:
おでん  出張の帰りである。金沢駅に降り立つ。バスの時間までしばし間があり,ここ「黒百合」に立ち寄ったのだった。
 注文したのはおでん3品とビンビール1本(630円也)。
 おでんは大根(220円也),がんも,つみれ(各280円のはずだが,レシートは280円と200円になっている。)である。
 ちょいと1杯なので、こんなものである。しかし,考えてみると、大根がこれで220円かと思ってしまう。旬ならば、大根1本が100円でも手に入るから,この大きさの大根なら220円の十分の1以下の20円で提供してもそんなものである。だが,通年で大根をお品書きとして出すとなると,このような値段になるのだろうな。おまけに,人件費に燃料代に調味料代も必要だし,とつまらぬことを考えてしまう。まあ,ここのおでんは全般にすべて高めであると思う。いや,金沢のおでん屋は全般的にこのような値段設定かもしれない。まあ,そんなことを考えていたら,おでん屋には来ることができない。
 さて,バス時刻まであと30分はあるのだが,ここでビールをもう1本注文すると,時間が延びてしまいそうである。なので,このあたりで切り上げることととする。あとは待合室で,しばし時間をつぶし,帰宅してから風呂上がりのビールを飲むこととしよう。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:黒百合のウェブサイト
−−−おでんの仕切り線−−− 満腹探検隊の 金沢おでん特集のページ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集