満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:京都ゑびす神社の十日戎(とおかえびす)縁日の斎藤商店

分類:和食・洋食 所在地:京都市大和大路通(建仁寺近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年1月  今回の探検目的:宴会(?)
今回のお品書き:すじ煮+お好み焼き+缶ビール×2  今回の所要経費:600円×4
探検隊の報告:
 京都へと旅に出た。1月10日である。
 夜は祇園近辺で食事(というか宴会)をし,ついでに「ギオンコーナー」とやらでちょっと舞妓さんを見てみようかと考えて三条京阪駅を降りて南に歩く。そして,四条通に出ると,えらくにぎやかに提灯などが下がっている。
 人の多い方へと向かうと「十日ゑびす」と通りの上に掲げられた通りがある。これが十日戎の縁日なのだった。
 金沢には大きなゑびす神社というのもなく(小さいのもあるかはよく知らない),ましてや,ゑびす神社は「十日戎」という名で,1月10日に大祭があるなどとも知らなかったので,この賑わいは何であろうと行ってみたのだった。
 その通りは大和大路通(やまとおおじどおり)というらしく(四条通より北側は縄手通(なわてどおり)),まるで縁日の見本市のように多種多様な縁日が並んでいる。夕方でお腹がすいているせいもあり,いろいろと美味しそうに見える。一応目的地の「ギオンコーナー」の場所だけを確認して,再びこの大和大路通にもどり,ちょっと一杯だけ飲もうと,立ち寄ったのがこの「斎藤商店」とかいう,的屋だった。おあつらえ向きにテントを張り,その下に緋毛氈をかぶせた椅子が並ぶ。まったくもってお祭りらしい風情である。
牛すじとお好み焼き テントの中の風情  さて,いろいろなお品書き,といっても縁日風のお品書きがあったが,中で美味しそうだった「牛すじ煮込み」と「お好み焼き」を注文し,あとは缶ビールである。いずれも1品600円で,やや高めだが,これもご祝儀相場なのであろう。しかもわかりやすい何でも1品600円。いつもニコニコ現金払い,現物と600円をその場で引き替えである。
 さてこの「斎藤商店」で,若いお兄さんに,この神社というのはどこにあるのかと聞くと,自分も知らないが,きっと人が歩いてくる方だろうと言う。そんなことは考えればわかるのだが,そもそもここでバイトする彼でさえここから何mくらい離れているのか知らないらしい。それで,ここでちょっと一杯のあと,肝心の京都ゑびす神社へと行ってみたのだった。ちなみに,この「斎藤商店」を去るときに,5円玉入りの大入り袋をくれた。
???  いやそれにしても,すごい人だかりである。今日が本祭の日なのだから,さもありなんである。
 途中笹をもった人に多くすれ違い,そもそもこれが恵比寿さんの笹であるとも知らず,おまけに豪華なやつはなんだか丸くていろいろとぶら下がったもの(いったいこれを何と呼ぶのだろう)がついている。「十日戎」を知らないものにとっては,見るものすべてが珍しいのだった。
 ご本殿の前には大きなマグロらしき魚が1本丸ごと置かれている。そしてここが日本三大ゑびすの一つであることをあとで知った。人生いろいろと知らないことが多いものである。とりあえずは手を合わせ,かなり回り道をしたので,「ギオンコーナー」へは次の日に行くことにして,この大和大路通をあとにしたのだった。
 ちなみにこのあとのこの日の晩ご飯というか宴会は三条京阪駅近く「千年の宴」であった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
京都ゑびす神社のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集