満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:馬曲温泉(まぐせおんせん)鞍掛の茶屋(くらかけのちゃや)

分類:和食 所在地:長野県木島平村
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年10月  今回の探検目的:昼食というか温泉に浸かりに
今回のお品書き:もりそば大+ピリ辛ソーセージ
今回の所要経費:800円+350円
探検隊の報告:
 長野へとやって来た。以前,野沢温泉にやって来たときに,この「馬曲温泉(まぐせおんせん)」の「望郷の湯」というのを見つけ,一度行ってみようかと思ったのだが,そのときは野沢温泉に入っていたので,もう一つも温泉に入るのはいいやとやめたのだった。今回は長野市内に宿泊しており,午後2時まで,少しのゆとりがあったので,この木島平村(きじまだいらむら)の「馬曲温泉」をめざしたのだった。
 さて,この温泉,ちょっとした山の上にあり,眺めがよい。ただし,広々とした平野が見渡せるという感じではなく,ずっと広がる山の裾野が眺められて,なんだかゆったりとした気持ちになるという感じの風呂だった。
おでん  案内書の写真では,露天風呂がかなり広い感じだったのが,どうもそれは女性用の露天風呂の方のようである。男性用は写真にあったようにそんなに広いって感じじゃない。それから,露天風呂には洗い場はない(あの小さな一つの蛇口は洗い場か?)。とにかく,ゆったり浸かるって感じである。洗い場は内湯にあるが,内湯と露天風呂がつながっているわけではないので,いったん着替えて,両者を行き来するということになるのだった。これが面倒である。ここに泊まるのならともかく,お昼にやって来て,温泉に浸かり,露天風呂へ行くのに,いちいち着替え直すのも面倒なのであった。
 さて,風呂上がりに,ちょうどお昼だったので,腹ごしらえをした。それがこの「鞍掛の茶屋」である。とりあえずおでんを食べて,あとは蕎麦である。もりそばの大である。
もりそば大  待っている間に,ご飯もののお品書きの札がひっくり返される。どうもご飯が切れたらしい。しかし,しばらくするとまた元に戻される。ご飯が炊けたらしい。ご飯ものを注文したのではないので,どうでもよかったのだが暇だったで見ていたのだった。
 ところでこの蕎麦,信州の蕎麦であり,期待したが,茹ですぎである。少々柔らかい。見た目はよく,期待されたのだが,茹ですぎはよくない。コシがないのである。せっかくの美味そうな蕎麦が台無しである。茹で方さえよければ,きっともっと美味しい蕎麦であろうと思ったが,もったいない。
ピリ辛ソーセージ  ついでに,おつまみにと「ピリ辛ソーセージ」を注文する。
 ということで,おまけで,男性用露天風呂からの風景を紹介しよう。それと,帰り道に変なところを走ったら,桜が咲いていた(桜のはず)。まったくもって季節はずれの桜である。おまけにその風景も紹介しよう。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 おまけの風景。画像または説明をクリックすると大きな画像のページにいきます。


脱衣場からの風景

西の方向

南西の方向

南の方向

季節はずれの桜

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集