満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:二代目 萬三(にだいめ まんぞう)

分類:和食 所在地:京都市下京区 烏丸通七条下ル東塩小路町(京都駅前)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年3月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:いろいろ食べて飲む  今回の所要経費:4人で15190円
探検隊の報告:
 京都の夜である。4人で宴会である。昼間にあちこち回り,京都駅まで戻り,そこからどこかへ行こうということになる。京都駅の中にもいくつか居酒屋があるが,少し外へ出てみるかと歩いたのだった。地上に出て,どこに行こうかと京都駅から北の方へと歩く。最初の店には湯葉がなく,せっかく京都に来たのに,湯葉を食べようという単純な発想で,ちょっと店先をのぞいてお品書きの中に湯葉のあったここ「二代目 萬三」へと来たのだった。
つきだし 菜っ葉と京揚げのたいたん 380円也  別に宴会コースでも何でもなく,お品書きを見ながら適当に注文したので,登場するものもいろいろである。
 ここでは,注文して,出てきた順に紹介しよう。まずはつきだし。赤こんにゃくである。続いて「なっぱと京揚のたいたん」 380円也。まあ要するに,菜っ葉と京揚げを炊いたものである。「たいたん」というのが京都弁なのか。金沢弁なら「たいたが」である。
とりたたき チリぽん酢 780円也 揚げ出し豆腐 550円也 「とりたたき チリぽん酢」 780円也。「揚げ出し豆腐」 550円也。京都の豆腐がよそと比べてどう違うのかと問われても,よくわからない。京湯葉というのは有名だが,やはり,京都では雅た料理が供されるからであろうか。
京豆腐と海老の湯葉あんかけ 780円也 とろーり温泉玉子とプリプリ海老のシーザーサラダ 850円也 「京豆腐と海老の湯葉あんかけ」 780円也。「とろーり温泉玉子とプリプリ海老のシーザーサラダ 850円也。いよいよ湯葉登場。上品な味である。
シンプルな湯豆腐 800円也 生湯葉春巻きサラダ仕立て 780円也 「シンプルな湯豆腐」 800円也。豆腐好きの自分は,湯豆腐を注文する。シンプルといいながら,金沢のおでん屋で食べるものよりは,上品であり,少々こっている。「生湯葉春巻きサラダ仕立て」 780円也。湯葉を春巻きのようにして,中に具材が入っている。これもまた面白い。
[名物] 肉みそ巻き 800円也 和牛すじ煮込み 480円也+揚げ??  ご飯ものをということで頼んでみたのが,この店の名物らしい「肉みそ巻き」800円也。この店はうどんや寿司を供するのが基本らしい。もちろん我々のように,酒飲んで,酒の肴としていろいろ頼むものもいるだろうが,食事をしに来て,うどんや寿司を食べるものも多いようである。入ったときには5時半過ぎで,お客は我々4人だけだったのが,7時に近くなり,いよいよ満席である。そして,入れずにお断りされている。先んずれば人を制すだね。(なんてのをこんな時に使うのだろうか?)居酒屋の定番(?)牛すじ煮込みなんてのも頼んでみる。そして,もう一品は何だったのか?
近江の赤こんにゃく煮 480円也 とろとろ出汁巻 580円也  つきだしにも出てた「近江の赤こんにゃく煮」 480円也。再び注文。それと,「とろとろ出汁巻」 580円也。ここまでくると,京都じゃなくても食べられるじゃないかという感じであるが,なにしろ宴会である。こんなものである。
若鶏の竜田揚げ ガーリック風味 680円也  そして,締めは,なぜか「若鶏の竜田揚げ ガーリック風味」 680円也。鶏唐揚げの好きな子どもがいるのだった。まあとにかく,まずはビールを飲み,最後の方は芋焼酎を飲み,いろいろ食べて,語り,楽しい時を過ごしたのだった。
 やはり,「一連れ」だよなあ。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集