満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:みかづき

分類:中華 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:新潟県新潟市万代【万代店】(万代シティバスセンター2階)
探検時期:2010年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:イタリアン  今回の所要経費:320円
探検隊の報告:
 新潟3日目である。いよいよお昼ご飯に「イタリアン」を食する時が来た。
 もとはと言えば,新潟出張の事前調査で「新潟 名物」というキーワードで検索して出てきたのがこの「イタリアン」だった。つまりは「太麺焼きそば洋風ミートソースもどきがけ」といったものである。なんともはや,中華なのか洋食なのか,よくわからない組み合わせだが,とにかく新潟名物ということなので,せっかく新潟に来たからには食してみなければなるまいと,ここ万代のバスセンターへとやって来たのだった。
 場所については1日目の晩におでん屋(おでん処じゅんちゃん)へ行き,女の子との話の中で万代のバスセンターにあるということだったので,この日は午前中「新潟市水族館(マリンピア日本海)」へ行き,帰りのバスを万代で降りて,ここへ来た。
イタリアン  さて,注文したのは最も基本の「イタリアン」普通サイズ,320円也。飲物は何も注文しない。暑い日だったので,本当はここにビールがあったら確実に注文していたところだったが,残念ながら,ほとんどが甘いものばかり。まあ,ファストフード店だから,アルコール類は置かないのかも知れない。置くとねばる人間が出てくるからか。いや,ファストフードでねばる人間は,コーヒー1杯でも1時間以上いるだろう。やはりこれはお持ち帰りをして,缶ビールと共に食すればよかったかと思ったが,外は暑すぎる。
 ということで,おじさんが一人,テーブルに座って,素直に「イタリアン」を食べてみたのだった。印象はというと,「なかなかいける。」というものだった。焼きそば自体に味がついているようだが,上にかかるソースとも合っている。かなり太めの,おでん屋の女の子じゃないが「うどん」みたいな麺が食感があり美味かった。
 しかし「イタリアン」という命名もおもしろい。イタリア人が聞いたら「日本人のイタリア料理に対するイメージってこんなものなの?」と思うかも知れないが,この料理を何と命名するのか難しい。一応この満腹探検隊でも分類は焼きそばだから「中華」としたのだが,もしかして創作「和食」というべきなのだろうか。
 夏休みということもあってか,親子連れもやって来るし,カップルもやってくる。次々と人がやってくるが,これはすでに「イタリアン」が新潟に定着しているということか。
 ということで,大盛りサイズでもよかったかと思ったが,まあ次はどこかでビールでも飲もうとこの店をあとにして,まずは「レインボータワー」に向かった。おまけで,レインボータワーてっぺんからの眺めを紹介しておこう。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:みかづきのウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集 −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 レインボータワーからの眺め
南西方向
 信濃川の上流方向。いくつかの橋が見える。
レーンボータワーからの眺め
北西方向
 信濃川にかかる万代橋。
レーンボータワーからの眺め
北東方向
 信濃川の河口方向。ひときわ高い朱鷺メッセが左に見えている。
レーンボータワーからの眺め
南東方向。
 白い屋根は新潟駅。
レーンボータワーからの眺め
南方向。
 上越新幹線の高架橋が見える。 レーンボータワーからの眺め

−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集