満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:妙高(みょうこう)サービスエリア(上信越自動車道)

分類:和食・洋食・中華 所在地:新潟県妙高市(上信越自動車道)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年10月 (下り線・藤岡から上越方向→上越で分岐して金沢・新潟方向) 今回の探検目的:夕食(というか軽食)
今回のお品書き:いなり寿司付き ざるからむしめん  今回の所要経費:750円
探検隊の報告:
 群馬から金沢への帰りである。関越道から上信越道へと入り,北陸道へと戻る。その途中である。6時半近くとなり,とりあえず晩に何か食べておくかと入ったのが,ここ妙高サービスエリアであった。なにしろ,間もなく北陸道と接続するという地点であり,ここに立ち寄ったことはない。初めてのことである。
 ここはサービスエリアと言いながらも,ガソリンスタンドもなく,小さなサービスエリアである。一応スナックコーナーはあるが食堂はない。この高速ではこのあとある新井パーキングエリアにはよく立ち寄った。こちらの方は一般国道の道の駅でもあり,店の数も多く,いつもにぎわっている。こちら妙高サービスエリアはこぢんまりとし ているのだった。
ざるからむしめん  さて,何を食べるかだが,今回の旅では蕎麦をお昼ごはんに2回食べた。にもかかわらず,またここでも蕎麦である。朝は水沢うどん(満腹探検隊「大澤屋」のページ参照),昼は日本ロマンチック街道沿いにざる蕎麦(満腹探検隊「きこり」のページ参照)だったから,三食麺である。で,選んだのが「ざるからむしめん」である。何のことはない,ご当地独特のものであるとのうたい文句に惹かれて選んだのだった。
 「からむし」とは「苧」と書くらしい。植物繊維をとるための植物であるらしく,この上越地方では昔から栽培がされていたようである。で,その「からむし」を練り込んだ蕎麦ということである。前に「オヤマボクチ」という植物でのつなぎの蕎麦を食べたことがあるが「からむし」というのは初めてである。この蕎麦,やや薄緑色をしている。繊維質をつなぎにしているということであるが,その味がどう変わっているのかはよくわからない。それでもざる蕎麦であるので,つるつるっといただくのであった。ということで,ここでとりあえずの晩ご飯をいただき,あとは一路金沢へと向かったのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 
お品書きいろいろ
いなり寿司付きざるそば(ざるうどん),お揚げそば(うどん),海老天そば→各550円,まいたけそば(うどん)→480円,山菜そば(うどん)→460円,かき揚げそば(うどん)→520円
竹の子汁→420円,竹の子汁定食→800円
野菜ラーメン→650円,唐揚げ醤油ラーメン→550円,唐揚げ味噌ラーメン,唐揚げとんこつラーメン→各580円
とろアジフライ定食→650円,豚トロ丼→600円,中華丼,カツカレー→各650円,特製カレー→500円 など
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集