満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:名古屋らーめん なご家(なごや)

分類:中華(ラーメン) 所在地:愛知県名古屋市中村区名駅(名古屋駅の下)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2010年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:醤油らーめん+味噌らーめん+台湾らーめん  今回の所要経費:750円+780円+850円
探検隊の報告:
 名古屋でのお昼ご飯である。名古屋駅近くにいるというか,名古屋駅の下である。何を食べるかということになり,じゃラーメン屋ならどこにでもあるだろうと歩いていたらあったのが,この「名古屋驛麺通り」というやつで,あちこちのご当地ラーメンが寄せ集まっている。じゃあどこにしようかということになり,やはり名古屋に来たからには「名古屋ラーメン」だろうとやって来たのがこの「名古屋らーめんなご家」である。
 いったい名古屋のラーメンとはどんなのが特徴的なのかはわからないが,3人いたので,とにかくお品書きにあった3種類を注文したのだった。
 まずは「醤油らーめん」である。あっさり目の味でなかなか美味い。しかし名古屋の特徴といわれてもそれはわからない。
 続いては「味噌らーめん」である。
 これもいい味であった。
 何しろ,ここは注文してから出てくるまでが早い。あっという間に3つ出てきた。まるで駅の立ち食い蕎麦という感じの早さである。

 さて最後が「台湾らーめん」である。
 能書きによれば「名古屋ご当地らーめんとも言える台湾らーめんを当店の限定塩らーめんの名古屋コーチンスープを使用して仕上げました。コーチンのこくとうまみが広がる辛うまの一杯です。」とある。
 台湾ラーメンというのが名古屋発祥で,これが名古屋のご当地ラーメンとでも言うべきものであると初めて知ったのだった。担々麺とちょっと似ているが,そういえば担々麺はスープに芝麻醤が入っているが,これスープが単純な鶏ガラスープだから,違っている。この辛さが美味い。
 ということで,名古屋ご当地ラーメンといえば,一つは台湾ラーメンであるということを知った。それと,この店の限定の「塩らーめん」は名古屋コーチンのスープだから,これも名古屋ラーメンと言えるのかも知れない。次はこの「塩らーめん」とやらを味わってみなくてはなるまい。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:名古屋驛麺通りのウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集