那須温泉の殺生石(せっしょうせき)

殺生石
殺生石
千体地蔵
 今年の夏,能「殺生石」を観たばかりだったので,ここ那須に「殺生石」があると知ってぜひ訪れてみようと思っていたのだった。そして,日本は温泉の国だから,どこにでも硫化水素ガスが吹き出すところがあり,そんなところの岩場を「殺生石」と名付けるのだなあ,ここ那須の「殺生石」とはどんなものなのだろうなどと思っていたのだった。
 しかし,それは大きな誤解で,この能の「殺生石」はそもそもこの那須の「殺生石」のことなのだった。
 というのも,「殺生石」を見に行って,その案内のいわれを読むと,能の物語と同じである。そして,そう言えば能「殺生石」の中にも「那須野の原」という言葉が出てきたのを思い出したのだった。そもそもこの「殺生石」が能の物語のモデルなのかと思わず感心したのだった。
 確かに現在でも立ち入り禁止で,時には臭い硫黄のにおいがただよう。岩の上を飛ぶ鳥も時には死ぬはずである。
 ということで,この那須の「殺生石」を見ながら,能で演じられていた「玉藻前(たまものまえ)」や「修行者 玄翁(げんのう)」(ここの由来書きでは「源翁」(会津示現寺の開祖源翁和尚とあった))などとかを再び思い出していたのだった。

−−−−−−−−−−−お箸の仕切り線−−−−−−−−−−−
満腹探検隊(那須高原グランドホテル愛寿)のページにもどる
−−−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−−−−−−−−−−
満腹探検隊の トップページ  検索のページ  探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集