満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:グリル・ニュー・狸(タヌキ)

分類:洋食 所在地:金沢市小立野(小立野大通り,旧金沢大学工学部近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:たぬき定食  今回の所要経費:950円
探検隊の報告:
 頼んだのは「たぬき定食」つまりこの店の「ランチ」である。ちゃんとお品書きを読んで,書いてあるとおり「たぬき定食」と注文したら,厨房に向かって「ランチ一つお願いします。」との声かけ。まあ要するに,ランチはランチなのだった。
たぬき定食  さて,今日の「ランチ」の内容はというと,「ポークピカタらしきものカレーソース」と「サーモンのなんか」である。どちらも,きちんと聞いたのでもなく,きっとそんな料理なのだろうということで表現しているのだが,サーモンの方は上に何か載っていて,そして,ころもが着いている。洋食の料理名はよく知らないので,よく分からない。
 定食のご飯は1回に限りお代わりできます,というのも面白い。ちなみに自分はお代わりはしなかったが,男性の半分くらいがお代わりしている。
 相変わらず日本の洋食屋だなあと思うのは,味噌汁が付くことである。そうそう,一人で入って暇なので,人間観察をしていると面白いのだが,隣の男性がご飯をすべて食べ終わり,おかずも食べ終わってから,やおら味噌汁のお椀のフタを開け,味噌汁を食べていた。味噌汁のみを最後に味わうということで,おやまあと感心したのだった。
 料理の味はそこそこだと思うし,手も込んでいるのだろうが,コーヒーも付いていなくて,950円というのは,ちと高めである。
 次回は「当店おすすめ」というお品書きに挑戦してみるか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年11月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:やきめし  今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 今日はここのおすすめの「やきめし」を食すべく,ここ「ニュータヌキ」にやってきた。
 半分くらいのお客はこの時間「たぬき定食」であるが,それ以外の客もちらほらいる。隣の2人の女子大生はハヤシライスとグラタンライスである。ハヤシライスもおすすめのお品書きのようであるが,見るとそれも美味しそうである。
やきめし  さて,出てきた「やきめし」はかなり黒目の色である。洋食屋であるから,ソースやきめしって感じである。見た目ほどには濃い味ではなく,ソースが焼かれて香ばしいという感じである。紅しょうがが小皿に入ってでてくる。お好みでお食べくださいというのがいい。なにしろ,たいていどこへ行っても紅しょうがとくれば,この手の合成着色料で色がついている。本来は梅干しを漬けたあとのあの赤い漬け汁で漬けるはずが,そんな紅しょうがにはとんとお目にかからない。そこで,この手の合成着色料紅しょうがは食べないように心がけている。まあ,やきめしとは関係のない話だった。
 ということで,「やきめし」は量的はやや少なめだった。ただし,「やきめし」には大盛りがないらしい。その理由はよく分からないのだが,なぜだろう。
 今日はレジのところでこの店のパンフレットを見つけてもらってきた。それによると,この店のおすすめは「サーモンステーキ」,「タンシチュー」,「エビの唐揚げ」,「能登牛のヒレカツ」,「コキール」,「やきめし」,「ハヤシライス」などと書いてある。
 では次回はハヤシライスにしようと決めたのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2008年4月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ハヤシライス  今回の所要経費:800円
探検隊の報告:
 日曜日の仕事帰りである。昼ご飯を食べるべく,ここ小立野の「ニュータヌキ」に立ち寄った。入ろうと思ったら,順番待ちの姿が見える。いっぱいならほかにもこのあたりにはいろいろあるから帰ろうとすると,扉が開いておばちゃんが呼びかける。一人なら大丈夫ですよと。やはり,客引きは大切である。それならばと入って,カウンターの空いている席に座ったのだった。
 さて,注文したのは,前回決めていた「ハヤシライス」である。もう単純な決め方である。
ハヤシライス  目の前ではフライパンにタマネギと牛肉が入れられて,炒められている。もしかして,これがやってくるのかと思ったら,2人前であり,他の人の分とともに,自分に半分やって来たのだった。
 見ていると,いろいろな調味料などを入れて,できあがっていく。
 それにしても,この日曜日,お客が多い。休みの日に初めて来たのだが,家族連れなども見かける。
 そして,初めて,おやじさんらしきシェフを見る。
 あまりの忙しさに,水もおしぼりも出てこない。
 ようやくご所望の「ハヤシライス」が来たのだが,水やおしぼりどころか,スプーンさえない。
 先ほどのおやじさんに「水ください。」と言うと,ようやくやってきて,おまけにスプーンがないことにも気がついて,ようやくスプーンと,小皿の塩昆布と,小さなフォークがくる。
 この塩昆布がハヤシライスの薬味らしい。ハヤシライスは量は少なめである。
 タマネギはあまり火が通っていないが,生でも食べられるものだから,このしゃきしゃき感がいいのかもしれない。
 ということで,支払いをするときに「お水遅れてごめんなさいね。」と丁寧な挨拶である。
 それにしても,この繁盛ぶりに比べて駐車場が小さすぎる。たった6,7台しか駐められない。
 みんなお向かいのスーパーマーケットか隣の和食レストランに知らん顔して駐めてしまうのだった……
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
ハヤシライス,エビライス,やきめし→各800円
カツ丼→850円,オムライス→750円,グラタンライス→950円
スパゲッティミートソース,スパゲッティナポリタン,スパゲッティめんたいこ→各700円
ポークカツレツ,チキンカツレツ,ハンバーグステーキ,カキフライ→各980円,クリームコロッケ→950円
能登牛ヒレカツ→2100円,とんかつ,エビフライ,エビ唐揚げ,若どり唐揚げ→各1600円
その他定食などいろいろあり。 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集