満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:にぼいち

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市西泉(昭和大通り沿い,米泉小学校近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2011年7月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:豚にぼ  今回の所要経費:700円
探検隊の報告:
 仕事で外へ出てミッション終了,お昼ご飯である。一応目をつけておいたここ「にぼいち」に行こうとして,昭和大通りを横川交差点から増泉交差点方向へと走ったが,左側にあるはずの店がわからず増泉交差点まで行ってしまい,Uターンする。再び昭和大通りを横川方面へと右側を注意深く見ていると店が見つかる。大きな看板ではあるのだが,白っぽい建物と白っぽい看板なので目立たないのだった。
 さて,時間は平日12時半を回っているのだが,すでにお客は少ない。小上がりに仕事途中の2人連れ。カウンターには自分を入れて4人である。10数人座れるL字型のカウンターの奥の方に座る。そして,満腹探検隊お決まりのお品書きの一番最初,この場合は横書き写真入りなので,左上のものを選ぶ。おねえさん(いや,おかあさんか)にお品書きを指さしながら「この『煮干し豚骨ラーメン』を……」と言おうとしたら,「この……」だけで,即「『豚にぼ』ですね。」と言われてしまう。なんだ,なんだ「煮干し豚骨ラーメン」というのは解説であって,正式名称が「豚にぼ」なのか,と確認する。そしてまた,おかあさんがご主人に向かって「豚いっちょ!」とのかけ声。さらに「豚にぼ」はこの店で「豚」と略されるのであった。
豚にぼ  待つことしばし,ご所望の「豚にぼ」が出てくる。おかあさんが「器は熱いのでお気をつけください。」と言ったかと思ったら,続けて「ごめんなさいね,風で海苔が動いちゃって。」と言う。こちらはこの三角形の海苔の正式な場所は知らないので,このまま出されても,動いたのだか,動いていないのだかはわからないのだが,とりあえずはどんぶりの縁に海苔がくっついている。
 さて,スープを一口すすると,豚骨醤油味に煮干しの味が利いている。まあ,ありきたりそのままのコメントである。ここであーだこーだとうんちくをかたむけたがる御仁は味のコメント,麺のコメントに400字詰め原稿用紙を1枚は使うのだろうが,満腹探検隊は一言だけ,「このラーメン美味かった。」である。出された料理に基本的にケチはつけない。結構濃いめの味なのだが,スープをしっかりと飲むのであった。ちなみに,警告通りどんぶりは熱い。だから,最初飲んだスープも熱い。そういえば,この前本屋で見かけた確か「100歳までボケない101の方法」とかって新書の中の方法の一つが「ラーメンのスープは飲まない」というやつだったような気がする。しかし,スープが美味いので飲むのであった。ということで,寿命が縮まったのであった。ちなみに,麺はやや太め。これも美味かった。
 あとは午後からの仕事である。再び横川交差点方向に向かうので,道路を横切らなければならない。交通量の多い昭和大通りへと時機をうかがって店の駐車場から出たのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:

お品書き
このときのお品書きいろいろ:
煮干豚骨ラーメン 豚にぼ→700円,背脂・煮干醤油ラーメン→700円,
煮干しつけ麺→並(250g)→800円,大(375g)→850円,
香油塩ラーメン→680円,鬼脂煮干醤油ラーメン→800円,あっさり醤油ラーメン→650円 −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集