満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:錦市場(にしきいちば)
汸臼庵(ほうきゅうあん)・鳥長(とりちょう)

分類:和食 所在地:京都市
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年3月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:いろいろ  今回の所要経費:以下の報告参照
探検隊の報告:
錦市場  京都へとやって来た。金沢を出た特急「雷鳥」は湖西線が強風のため米原回りに変更となり,到着時刻が30分近く遅れて,12時近くになる。この日の第一の目的地はここ錦市場だったのだが,とにかく,この目的地へと向かう。京都駅から地下鉄を使って烏丸御池駅で降り,烏丸通側から錦市場へと向かったのだった。
汸臼庵(ほうきゅうあん)  何しろ昼ご飯を食べていない。それで,何かおいしそうなものがないかを探しつつ,西側から反対側(東側)の新京極通へと向かう。
 左の写真は次に報告する「汸臼庵(ほうきゅうあん)」あたりから西側を見上げた様子。
汸臼庵(ほうきゅうあん)  いろいろと試食もできるが,まずはおいしそうだった店,というよりもビールがあって,縁台があって,座れる店の「汸臼庵(ほうきゅうあん)」に立ち寄る。
汸臼庵(ほうきゅうあん)  ちなみに,「汸」の漢字はさんずいへんに「方」で「ほう」。単純なつくりの漢字で,すぐにも読めそうな漢字なのだが,常用漢字ではない。
 このHTMLではユニコードで表示していますので,OSによっては表示されていないかもしれません。ユニコードは「6C78」10進で「27768」)
汸臼庵(ほうきゅうあん)  「れんこんスティック」(300円)や「揚げ豆腐」(タコ入り,250円)「イカあげ」(400円)などを買って,緋毛氈のかかる縁台に座っていただく。このちょい呑みがいいねえ。
 店の前にはいろいろ美味しそうなものが並んでいる。そして,何よりも,ちょっと寒い日だったので,この湯気を上げているところが食欲を一段とそそる。
鳥長  さて,さらに東進すると,今度は店の前に鍋が2つ並ぶ店がある。鶏肉を扱う「鳥長(とりちょう)」という店である。
鳥長  見ると,「鶏鍋」と「鴨鍋」が売られている。そこで,ちょっと珍しい「鴨鍋」500円也を注文する。出汁がよく出ており,美味い。
 これまた,この店の前にある長いすに座っていただく。
鳥長 鴨鍋  錦市場は細長い通りだったが,店の数からいうと「金沢市民の台所」の「近江町市場(おうみちょういちば)」の方が規模が大きいと思う。
 錦市場は公式ウェブサイトでは,商店街振興組合の会員店は123店舗で,魚介,野菜等の生鮮食料品以外の店も多い。金沢の近江町市場は170店舗あまりあり,そのほとんどが生鮮食料品の店である。実際に歩いた感じでも,品揃えでは近江町市場の方がかなり多いと思う。錦市場は歩いてみて楽しかったが,晩ご飯のおかずを調達するよりも,京都のものをいろいろと見て回るところって感じだね。
 ちなみに,昼ご飯はこの軽食だけでは物足りなかったので,ラーメンの「京あさひ」でちょっと補充したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集