満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:粟津(あわづ)温泉 のとや

分類:和食 所在地:小松市粟津町
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2009年12月  今回の探検目的:1泊2食・宴会
今回のお品書き:宴会料理+朝食  今回の所要経費:1泊2食で約17000円。あと酒代それとゲームの景品代で約4000円使ったらしい。(幹事の報告)
探検隊の報告:
 我が職場の忘年会である。積み立てをして,この暮れに粟津温泉へとやって来た。毎度おなじみ,地元金沢近郷近在の温泉のよさについての点検である。
 満腹探検隊の「よき温泉1泊宴会の条件」をおさらいすると,1.仲居さんの最初の挨拶。2.非常口などの説明。3.最初のお茶を入れてくれてのもてなし。4.浴衣の大きさの確認。5.宴会での仲居さんの数とサービス。6.女将の挨拶。7.料理の質。8.お酒に関する気配り。9.温泉のよさ。こういったところであろうか。
 今回は幹事であり,着いたかと思うと即浴衣に着替え,即宴会場へ行き,準備をしていたので,最初の1,2,3はよくわからない。しかし,部屋からあわてて出て行こうとすると,それではデザートのマンゴープリンは冷蔵庫に入れておきますね,と言われたことは覚えているので,お茶などのもてなしはあったようである。それから浴衣の大きさは確認してくれた。だが,ある同僚によると,特大をちゃんと選んでくれたのだが,それでも,「お腹周り大丈夫ですか,関取でも入るサイズありますよ。」と言われ,「ちょっとあれって失礼じゃないですか。」と憤っていた。しかしそれよりもダイエットに心がけた方がいいのではないかと思うのであった。
宴会料理  さて,宴会であるが,我々21人に対して,仲居さん(今では仲居さんと言わないらしい,接客さんだとか)は3人であった。まあこんなものだろう。しかも,我々は各課の出し物もあり,あまりのんびりと料理を楽しむ方ではなかったので,一応お酒を飲みたいだけ飲めたからよしとしよう。ただ,参加した女性からは料理はこの値段にしてはいまいちよねえ,と言う声が聞こえた。自分はとにかく司会で,ついでにみんなの出し物を楽しんでいたので,あまり料理の味は悪いとは思えなかったが,じっくり料理を食べる人にとっては物足りなかったのかもしれない。ついでながら,このカニって冷凍物じゃないのという声もあったが,まあカニも今期いろいろ食べてきた金沢人にとってはカニにはもともと期待していなかったので,料理よりも楽しい宴会の方がよかったのだった。
宴会料理  今回だれも日本酒を飲まなかったので,お猪口は早々に引き上げられたが,一応陶器製のものであった。
 それと,宴会途中でおかみさんが挨拶に現れた。この手の挨拶は久しぶりである。満腹探検隊にとって,この条件はまあどうでもいいのだが,昔はいつもこのような挨拶があったなあと思うと,最近久しぶりに女将の挨拶を聞いた。
 さて,温泉はもちろんよい。ここも旅館の敷地内に温泉の源泉があるらしい。
 ただ,忙しくて,結局行った日には温泉に浸かれなかった。それで翌朝のんびりと浸かった。
 朝ご飯もなかなか豪華である。ついついお代わりをするのであった。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
今回は特にありません。
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集