満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:備長扇屋(びんちょうおうぎや)

分類:和食(串焼き) 所在地:あちこちにあります。探検場所は以下の報告を参照してください。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県豊明市【豊明店】(県道57号線沿い)
探検時期:2013年6月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:いろいろ食べていろいろ飲む  今回の所要経費:9189円
探検隊の報告:
 愛知県へとやって来た。その夜である。大人4人,小さな子供3人,合計7人での食事である。やって来たのはここ「備長扇屋」である。
 ここはチェーン店であるらしい。自分は初めてやって来た。
 合計7人なので,奥の小上がりに陣取る。
 自分は瓶ビール(大)578円也である。この値段だけでもこの店は庶民の財布に優しいってことがわかる。
 ちなみに,「運転手はいますか。」と聞かれ,運転手にはソフトドリンクが1杯サービスである。
 あとは各自適当に好きなものを注文するのだった。
 以下適当に注文したものを紹介しよう。すべて撮影したわけではなく,撮影は一部だけ。
 左,「とりポン」242円也。とりあえず付き出し代わりにすぐに出てくるだろうと注文したもの。やはりいの一番に出てくる。
 続いて「扇屋の煮込み」336円也。つまり牛すじ煮込みである。焼き鳥屋であるが,どこへ行っても注文するものが代わり映えしないのだった。
 ついでながら右「しめ鯖」399円也。これまた毎度おなじみどこへ行っても「しめ鯖」を注文するのだった。
 焼きものは少々暇がかかるので,まずはこのようにさっさと出てくるものを注文する。
 左「チーズじゃがもち」294円也。
 右「フライドポテト」242円也。
 子供たちの食べる定番「フライドポテト」である。まあ,脂っこいジャンクフードと言えるのだが,たまの外食ならばいいでしょう,という感じである。
 さて,いよいよ焼き鳥が出てくる。

 上左「つくね」タレ焼き。1本124円也。2本注文。
 上右「やげんナンコツ」塩焼き。1本187円也。2本注文。
 左「焼き鳥」塩焼きもタレ焼きも注文した。1本84円也。
 確かにこの焼き鳥の値段は安いかもしれない。合計12本注文。

 上左「どてカツ」1本137円也。2本注文。
 やっぱり愛知だぎゃあ,って感じのお品書き。
 上右「とりねぎま」1本135円也。タレ味で注文。4本注文。
 このほかに注文したのは「せせり」1本124円也。「ぼんじり」1本135円也。
 左「扇屋サラダ」452円也。やはり野菜ものをということで注文。
 左「仕上げラーメン」336円也。
 締めのラーメンである。
 なんだかんだ言いながら,連れあいもビールを飲み,合計4本飲む。
 これらを含めて合計43品の注文で9189円であった。
 小さな子供も含めて7人でこの価格だったのでこれはやはり安いと言うべきか。とにかく満腹になったので,満足したのだった。
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県豊明市【豊明店】(県道57号線沿い)
探検時期:2014年9月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:いろいろ食べていろいろ飲む
今回の所要経費:はていくらだったのやら
探検隊の報告:
辛丹波  愛知県へとやって来た。その夜である。大人4人,小さな子供3人,合計7人での食事である。やって来たのはここ「備長扇屋」である。
 ということで,とりたてて変わり映えはしないので,久しぶりに飲んだ冷酒のみ報告しておこう。「辛丹波」である。
 しかし,バイトの女の子に「辛丹波」を頼んだのに,なんで「鍛高譚ですか?」なんて聞くんだい?そりゃ,壁には「鍛高譚」の張り紙はあっても「辛丹波」の張り紙はなかったけど,自分の店のお品書きの名前くらいしっかり覚えなさい。それともこっちの発音が悪かったの?
−−−お箸の仕切り線−−− 所在地:愛知県豊明市【豊明店】(県道57号線沿い)
探検時期:2015年5月  今回の探検目的:宴会
今回のお品書き:大人4人,子供4人で合計64点
今回の所要経費:総計15361円
探検隊の報告:
 愛知へとやって来た。その晩ご飯である。いや子供は晩ご飯,こちらは宴会である。
 今回レシートを見ると総計で64点の注文となっている。とは言え無料のお冷やも6点と数えられているので,実質にはお通し(枝豆),飲み物も含めて58点か。お通しは大人分最初の4点が有料で195円也。しかしお代わり自由というのがいい。あと3点枝豆は追加した。これらは枝豆大好き子供たちがほとんど食べた。
 以下適当に注文したものを紹介しておこう。ちなみに最初の写真は「扇屋サラダ」465円也。
 こちら「アサリとニンニクの包み蒸し」573円也。
 こいつは少々変わった料理だと撮影。あっという間に売り切れる。
 「売り切れる」ったって,この店になくなるんじゃなくて,8人で取り分けたのですぐになくなったのだった。
 左「どて煮」357円也。
 名古屋に来たらついつい名古屋名物を注文する。でもどて煮は酒の肴にぴったりなのだった。
 右「つくね盛り合わせ」735円也。
 ちなみに「生中」465円也。
 左「銘柄鶏とりかつ(もも)」1本216円也の5本で1080円也。
 右「とりねぎま1本141円也の10本で1410円也。ようやく焼き鳥屋らしいお品書き。
 左「炙りしめ鯖」465円也。
 焼き鳥屋でいちいちしめ鯖を注文しなくてもいいようなものだがついつい好みの品があったら注文してしまうのだった。まあいいでしょう。今夜のスポンサーは自分だし。
 右「ジャンボもも串」627円。これはなかなか面白い。大きな鶏ももの焼き鳥。
 左「焼き鳥」5本。435円也。基本の焼き鳥。
 右「厚切り牛タン焼き」735円也。なかなか美味しいねえ。
 左「レバーカツ」216円也。
 どんなのが出てくるかと思ったら,こんな感じでまん丸。しかもお手頃価格。食べてもレバーという感じがあまりしない。これいいかも。
 右「なんこつ唐揚げ」346円也。
 この店は揚げ物も結構いろいろあって充実している。というか,ビールのおつまみにぴったりなものばかり。
 左「豚バラ串」1本216円也。
 これ1本がレバーカツと同じ値段。やはりレバーなんて安いってことか。
 右「玉子かけごはん」346円也。いよいよ子供たちの締めのごはん。
 こちら普通のサラダと見せかけて「ラーメンサラダ」573円也。締めのごはん代わりみたいな感じだが,こんなサラダもなかなかいいかも。
 ということで今夜の総合計は15361円也。いつもの宴会のことを考えたら,大人4人に子供4人だから充分お安くあげたってことか。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
くわしくはウェブサイトへどうぞ:「備長扇屋」のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集