満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:北京(ペキン)

分類:中華 所在地:金沢市柿木畠
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年2月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:酢豚定食  今回の所要経費:670円
探検隊の報告:
 今日はふらりと歩いていたら,以前の課の課長補佐ケイ氏に会う。
 本日水曜日は片町香林坊はあちこち定休日,行こうと思った店が閉まっていたらしい。
 そこで一緒にどこかへ行くことになり,この柿木畠の「中華北京」にやってきた。
 自分は「酢豚定食」,ケイ氏はこの店の1番人気らしい「麻婆ラーメン」を注文する。
酢豚定食  座席は1階にカウンター席が10席くらいとテーブルが4人掛けで3つ。
 ここがいっぱいだったので2階の座敷に上がる。
 2階の座敷もほぼ満席である。
 2階は畳敷きで,座布団に座ってくつろげる。
 時には休憩時間目一杯,休養できる。
 この店はお手軽に中華を食べたいときに重宝する店である。
 お昼の定食もいろいろと用意されている。
 本日の「酢豚定食」もその中の一つ。
 大皿に盛られた酢豚とスープ,それにごはんとお新香である。
 味はまずまず。ちょっと甘めだったが,ごはんにあって,美味しくいただける。
 やはり,米の飯って何にでもあうよなあと感心しつつ,ぱくぱく食べたのであった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年5月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:マーボラーメン  今回の所要経費:650円
探検隊の報告:
マーボラーメン  前回一人で来ようとして,お休みで振られたここ「北京」へ,今日は同僚たちと来る。
 そして,前回食べようかと思っていた「マーボラーメン」を注文する。
 出てきたラーメン丼は洗面器並みである。
 まずは少々麻婆豆腐を味わい,そのあと,その下の麺をいただく。
 そんなに辛くない麻婆豆腐であり,麻婆豆腐とラーメンとどちらも好きな者にとっては,まったくもってうまい組み合わせである。
 そう考えると,麻婆飯だってごはんに麻婆豆腐がのっているわけで,いわゆる主食の炭水化物に何かおかずをのせるというのは,自然な発想かもしれない。
 だが,おつゆのたくさんあるラーメンに麻婆豆腐をのせるというのは,ちょっと最初は考えつかないのかもしれない。
 なにしろ,麻婆豆腐がおつゆの中に沈むのだから。
 とはいえ,おつゆまでしっかりと飲む自分にとっては,最後の一切れまで豆腐を救助してあげたのだった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年9月  今回の探検目的:夕食
今回のお品書き:焼きそば  今回の所要経費:580円
探検隊の報告:
机の上の焼きそば  今日は夜遅くなるに違いないので,みんなで店屋ものをとったのであった。前回は遅すぎて,選択の余地もほとんどなく,カレーの宅配だったのだが,今回は一応普通の陶器の容器で届けられる出前になったのだった。
 さて,みんなの選んだものはまちまちである。自分は,伸びても大丈夫なものをということで,焼きそばを選んだ。そしたら,ここの焼きそばは中華の焼きそばではなく,ソース焼きそばだった。
 ソース焼きそばというのも日本人の発明なのだろうなあ。中華の麺に西洋のウスターソースで味付けをするというこの調理法を,いったい誰が初めて考えついたのだろうか。手軽にできて,しかも美味いというこの中洋折衷を誰が考えついたのだろう。そして,それがこうやって中華料理屋のお品書きになっている。料理というのも面白いものである。
 ちなみに,この日は予定どおり11時過ぎに職場を出たのだった。 −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 
お品書き
このときのお品書きいろいろ:
定食:北京定食・730円,肉天,スタミナ,麻婆豆腐,小エビ天,酢豚,ショウガ焼き,ロースカツ定食・各670円,ギョーザ定食630円
エビ焼きめし・580円,焼きそば・580円
マーボラーメン・650円,五目ラーメン・580円,ラーメン・450円 などなど −−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集