満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:ロベール デュマ(Robelt Dumas)

分類:洋食(フランス料理) 所在地:金沢市泉が丘(金沢市営陸上競技場近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2006年8月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:ランチ(オードブル+メインディッシュ)  今回の所要経費:2200円
探検隊の報告:
 夏休みの1日,午後から休みを取り,昼ご飯は少々贅沢をして,ここ「ロベール デュマ」に来る。
 デュマというとつい人の名前を思い浮かべてしまう。つまり「アレクサンドル デュマ」を思い浮かべるのは,やはり「モンテクリスト伯」(巌窟王)が我が愛読書だったからである。
 「ロベール デュマ」というのも,人の名前みたいだなあと思っていたのだが,エルメスの4代目の社長の名前が「ロベール デュマ」だそうである。
 さて,それはいいとして,閑静な住宅街の中に,民家を改装した店がある。
 普段通っていても,注意深く見ないと気がつかない。
 と言うよりも,わざわざこのような場所を通る必要のない,普通の街中の一軒家を改装したという感じの店なのだった。
 ランチメニューは2種類,2200円でオードブル+メインディッシュ+デザート,3000円ではさらにスープとサラダが付く。
 3000円とはちと贅沢なのでやめにして,2200円のコースにする。
 そして,オードブルもメインディッシュも何種類かの中から選べる。
 はっきり言ってワインがほしいお品書きである。
サーモンと活帆立貝のハートブリック包み  オードブルで頼んだのは「サーモンと活帆立貝のハートブリック包み」である。
 うーん,うまい。
 量が少ないように思えるが,とにかくしゃべっているので時間がゆっくり過ぎて,ゆっくり食べて,結構おなかもふくれるものである。
 やはり,ゆっくりとよく噛んで食べるというのは,大切なことであると再確認する。

  フランス産鴨胸肉のロースト 季節の温野菜添え  メインディッシュで頼んだのは「フランス産鴨胸肉のロースト 季節の温野菜添え」である。
 鶏の料理にしようと思ったのだが,売り切れだった。
 だが,これも美味しい。
 再び言うが,ワインがほしい。水のみでは少々寂しい。
 夏の1日ではあるが,ガラス張りの明るい部屋を選んだ。
 明るい日差しの中,ゆったりと時間は流れる。

  デザート  最後にデザートまで頂く。
 通常ならば,デザートのないお品書きを選ぶのだが,ここはそれも込みであるので,久しぶりに甘いものを食べる。
 いあや,やはりここに来るなら夜だよ。
 そしてワインを飲みつつ,夜空を眺めなくてはならない。(ワインがほしいと書くのも3回目だ。)
 本当にゆっくり食べると,これで十分おなかが一杯になるし,心も満たされるのであった。
  −−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:ロベール デュマのウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集