満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:清輝楼(せいきろう)

分類:和食 所在地:京都府宮津市
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2008年8月  今回の探検目的:1泊2食
今回のお品書き:夕食と朝食  今回の所要経費:1泊2食で13000円くらいだったと思う
探検隊の報告:
 京都は丹後へと墓参りに来た。
 うちの墓は与謝野町(旧野田川町)にある。
 老いた母を連れてきたのだが,今回は少々奮発して,ここ宮津では有名な「清輝楼」(せいきろう)という老舗の旅館にやってきた。
 とはいえ,自分も小さいころから何回も宮津へやって来て,有名という「清輝楼」のことは知らなかったのだった。
 文人墨客の宿ということであるが,昔から数々の文人が泊まったらしい。そして,何らかの足跡を残していったようである。
 父が生きていた頃に,言ったそうである。「あそこは高くて泊まれない。」と。
 とは言え,その頃は墓参りで親戚の家にやって来るのであるから,宮津で宿泊することはなかったのだが……
夕食  さて,夕食は部屋食である。
 きれいなおねえさん(というか,おばさんかもしれないけど,自分より年下のようなので一応敬意を表して,おねえさん)がお世話をしてくれる。
 順番に温かいものが供される。
 ここは温泉で,24時間入れるところがよい。
 とはいえちょっと温めだった。
 まあ,夏なので,これくらい温くてもいいかもしれない。

夕食  前はこの「清輝楼」の脇まで海だったようだが,今は埋め立てられて,隣が公園になっている。
 しかし,部屋からはかろうじて天橋立が望める。
 館内を歩けば,いろいろな文人墨客の作品が並んでいる。
 これが,この「清輝楼」を有名にしているようである。
 また,創業もかなり昔だ。

夕食  ということで,無事墓参りも終わり,温泉につかってゆっくりと夕食をいただいたのだった。
 ちなみに,夜も朝も暇だったので,カメラを担いでふらり散歩に出る。
 夜は食事も終わり,あまりたくさん歩く元気がなかったので,「清輝楼」のまわりだけである。
 翌朝は隣の「島崎公園」や宮津駅まで足をのばした。
 そのときの写真は以下のページへどうぞ。

 清輝楼の風情
 宮津駅を発車する朝のローカル列車

夕食  さて,次の日の朝食は下の食堂である。
 ここは数年前に改装された部分らしく,外からも入れて,昼ご飯とかを営業しているようである。
 8周年記念とかで,えらくお得な価格設定で昼ご飯を提供している。
 泊まり客はと見ると,みな年配者である。
 自分より年上の方々も多いようである。
 まあ,それだけ落ち着ける旅館と言うべきだろうか。
 最後に帰り,旅館の前の駐車場を出ると信号なのだが,その信号が青になるまで,そして車が見えなくなるまで,例のきれいなおねえさんが一人旅館の前に立って,見送っていてくれたのだった。
 こんなところが老舗の心遣いと言うべきなのだろう。
−−−お箸の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
 くわしくはウェブサイトへどうぞ:清輝楼のウェブサイト
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集