満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:四季の庵(しきのあん)

分類:和食(そば) 所在地:金沢市高岡町(中央小学校裏,鞍月用水沿い,中央小学校南交差点近く)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2013年10月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:おろしそば+野菜かき揚げざるそば(揚げ置き)  今回の所要経費:1050円+1000円
探検隊の報告:
 日曜日のお昼である。ようやく休みになった日曜日なのだが,連れあいの方は仕事である。午前中は自分一人で家事労働などをして,どこかで食事をしてから,午後は自分も職場に出かける予定であった。連れあいより午前中の家事についての問い合わせが来て,どうせなら一緒に食事をすることとする。そして,選ばれたのが連れあいの職場にほど近いここ「四季の庵」であった。
 さて,店に着いたのは12時ちょっと過ぎであったが,ほぼ満席である。直前に一人のお客が入り,カウンター席に座って,カウンター席は満席となる。続けて入った我々二人はあと一つ空いていた小上がりのテーブル席に座ったのだった。
 入るとすぐに、店主より「今日は時間がかかります。30分ほど待っていただくことになりますがよろしいですか?」とのこと。せっかく美味しい蕎麦とのことでやって来たので,「いいですよ。」と答えて,待つこととする。店主は次々と蕎麦を茹で,注文をこなしているが,忙しそうである。注文したのは「おろしそば」と「野菜かき揚げざるそば」である。注文するとこれまた店主からの問い合わせ。「ご主人の方が『おろしそば』ですか?『おろしそば』は辛いですよ。それにたくさんあります。いいですか?」とのこと。おろしそばは好きなので,これまた「いいですよ。」と答えるのだった。
野菜かき揚げざるそば おろしそば  さて,最初に言われて30分ほど待つつもりだったが,20分あまりでまずはお盆に蕎麦つゆなどが出てくる。そして程なくしてご所望の品が出てくる。
おろしそば  「おろしそば」はこんな感じ。
 とにかくたっぷりありそうな丼の盛り方である。大根おろしもたっぷり入っているし,いつもよく食べる「越前おろしそば」のようにかつお節もたっぷりかかっている。それと山菜が少々入っているのも特徴だ。蕎麦猪口が一つお盆の上に置かれていたが,おろしそばが来た時に「そば湯と共にお召し上がりください。」と言われる。つまりはおろしそばの辛み大根がかなり辛いので,お茶代わりのようにそば湯をいただくようにとのことのようである。混ぜて「おろしそば」をいただくが,最初辛みを感じなかったのは,混ぜ具合が悪かったようである。たっぷりかき混ぜて,大根おろしと共にいただくと,かなりの辛さである。しかし蕎麦は美味い。やや太めの蕎麦であるが,つるつるしこしこと美味い。そうそう,調理場には「北海道新そば始めました」とある。この時期新蕎麦の時期なので,やはり香りもいいようである。
野菜かき揚げざるそば  こちら「野菜かき揚げざるそば」である。
 細めの蕎麦である。汁もやや辛めであるがしっかりとした味わいである。この蕎麦つゆにつけて食べるが,これまたつるつるの蕎麦が美味しい。
 野菜かき揚げの方は「揚げ置き」と書いてあった意味がわかった。つまり「揚げ置き」そのもの,揚げたててではなく,揚げて置いてあるので冷たいということである。しかし,蕎麦つゆにちょっとつけていただく野菜が美味しい。人参,玉ねぎなどの甘味がしっかりと味わえる。店主は蕎麦茹でに忙しく,いちいち天ぷらを揚げるゆとりがないということである。そうやって次々とお客をこなすのであった。
 そば湯もたっぷり来ているし,「おろしそば」を食べながらそば湯を飲んでいたので,結構お腹がいっぱいになる。いやはや,大根は辛かったね。だけどかき揚げは甘かった。なんだかその二つの対比を味わったって感じの今日のお昼ごはんだった。
 壁の色紙には「やるき,こんき,まけんき」とある。そうだよねえ,と思いつつ,店を去ったのだった。 −−−エビフライの仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:
このときのお品書きいろいろ
辛み大根おろし(冷たいそば)
おろしざるそば,おろしそば,おろしかき揚げそば→各1050円
温かいそば
にしんそば→1250円,野菜かき揚げそば→1050円,山かけそば→950円,かけそば→850円
冷たいそば
ざるそば(細打ち),田舎ざるそば(太打ち)→各850円,とろろざるそば→950円,冷やし山菜山かけそば→1050円,野菜かき揚げざるそば(揚げ置き)→1000円
追加ざるそば→600円,追加薬味→100円
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集