満腹探検隊
満腹探検隊の探検先:神仙(しんせん)

分類:中華(ラーメン) 所在地:金沢市駅西本町(金沢中央卸売市場内)
−−−お箸の仕切り線−−− 探検時期:2007年6月  今回の探検目的:昼食
今回のお品書き:炙り鯖セット(炙り鯖寿司+中華そば)
今回の所要経費:900円
探検隊の報告:
 梅雨の合間の五月晴れという日である。昨日までの雨が上がり,空は晴れ上がったかと思えば,うっすらと雲がかかり,車の屋根を開けて走るには絶好の日である。
 そんな日に,午後からふらりとドライブに出かける。遅い朝ご飯をすませて,昼から出たのだが,用事を済ませている間に2時を回る。ちょいと小腹が空いたところで,たまたま変に回り道をした金沢中央卸売市場の中にあるこの「和歌山中華そば神仙」の前を通りかかり,入ることにしたのだった。
 前も平日のお昼時に行こうとしたが,車を止めるところもないくらい一杯で,あきらめたのだった。今日は土曜日の2時過ぎというよりも,もうすぐ3時。入ったときにはお客は誰もいなかった。営業も土日祝日は昼休みなく営業しているようであるが,お昼時をはずせば,ゆとりをもって入れるようである。
焙り鯖寿司  さて,何を注文しようかと思ったが,うちの連れあいと2人で,そんなにたくさん食べようとも思わなかったので,「中華そば」はもちろん注文するのだが,よく見ると,ランチサービスというのがある。「炙り鯖寿司」とセットになっているのである。「中華そば」は600円,「炙り鯖寿司」は350円,セットだと900円になって50円お得である。これが3時までのサービスだが,ほんの10分ほど前にぎりぎりで注文したのだった。
 まずは鯖寿司が出てくる。鯖寿司を皿に載せたあと,目の前でバーナーで炙っている。ほどよく焦げ目が付いた鯖寿司が出てくる。鯖寿司は好きなのだが,これはなかなかうまい。
中華そば  そして,「中華そば」が出てくる。豚骨醤油ということであるが,結構あっさり目であった。そして,相変わらず海苔が入っている。とんこつラーメンに海苔が載るのはなぜなのだろう。それと,ナルトならぬ,花のようなかまぼこも入っている。これも特徴のようである。
 麺の量もやや少なめで,必要なら「替え玉」があるのでそれにすればいいのだが,今日は小腹が空いて,おやつ感覚でやってきたので,2人で「炙り寿司セット」を分け合ったのであった。なにしろ,一度来てみたかった店に来て,満足したのであった。ちょうどこの時間,おにいさんが豚骨をハンマーでたたいては,寸胴に入れている。豚骨ってのもこんなにでかいものなのかと感心しつつ店を去ったのであった。
 これを機に「和歌山ラーメン」を調べてみると,ウィキペディアにも一項ある。スープや具のこと,「早寿司」と呼ばれる鯖寿司のことなど,結構特徴的なのだなと,これまた感心したのだった。
−−−中華の仕切り線−−− 探検隊おまけの報告:満腹探検隊が出かけた本場和歌山「井出商店」のページ
−−−お箸の仕切り線2 箸袋つき−−− 満腹探検隊の トップページ  検索のページ
探検したお店の一覧表のページ→お食事大特集 宴会大特集